洗顔は1日何回?もっときれいな肌になる良い方法があります

公開日: : 最終更新日:2017/07/13 洗顔

洗顔できれいな肌

洗顔のしすぎは良くなさそう、とゆうイメージはなんとなく皆さん持っていると思います。

でも何がなぜどうゆうふうに良くないのかは分かっていない人も多いのではないでしょうか。
皮膚科でも生理がくるうちは朝晩合わせて1日3回ほどの洗顔が必要と言われた事もあります。

 

洗顔は1日何回するのがベスト?

オイリー肌の人はなんとなく沢山洗顔したほうがいいような気がしてしまうかもしれませんが、そんな事はありません。

過剰な洗顔は余計に皮脂を分泌させ、オイリー肌を招きます。
そして皮脂の過剰な分泌により肌荒れ、ニキビを引き起こします。

乾燥肌の人は、余計に乾燥を招きます。乾燥による肌トラブルが発生します。
粉がふいたり、シワができやすくなったり、シミもできやすくなってしまいます。

どちらの肌質の人にも言える事は洗いすぎによって古い角質が溜まりやすくなり、その結果肌がごわごわしてきて固くなってしまいます。

ニキビがある場合の洗いすぎは、ニキビを潰してしまう原因になるので控えたほうがいいでしょう。
潰れると跡になって、治すのが余計に厄介になりますよ。

洗顔のし過ぎとゆうのは、1日3回以上の洗顔料を使用しての洗顔だと思って下さい。
むしろ洗顔料の使用は1日1度で十分です。テカテカしてしまうとゆう方は、水のみの洗顔で効果はあります。

 

ニキビを改善したくてニキビ用の洗顔料を使用している方は少なくないと思います。
もちろん良いのですが、ニキビ用のものはさっぱり、皮脂を落とす効果が強いものが多いです。
なので、乾燥肌の人には少し皮脂を落としすぎてしまうかもしれません。
洗顔を泡立てる時に、安い物でいいので少量の乳液を混ぜて泡立てると、洗顔後乾燥が気にならずにもっちりしますよ。

 

洗顔のやり方にも気をつけてほしいです。

泡立てネットでよく泡を作り、泡で優しくなでるように洗顔しましょう。
決して手で洗うのではなく、泡で洗います。

洗う時間もほんの30秒程度で足ります。
よく時間をかけて洗ったほうが汚れが取れるイメージですが、ほとんどの汚れはお湯のみでも落ちると言われているので、洗顔料をのせている時間はほんの少しで大丈夫ですよ。

その代わりすすぎにはきちんと時間をかけて、しっかり泡を落とします
すすぎ残りがあるとそれが肌荒れの原因になります。
首筋や、デコルテ部分に残りやすいので気を付けましょう。
熱いお湯でなく、必ずぬるま湯で洗顔しましょう。熱いお湯は皮脂を落とし過ぎてしまいます。シャワーを直接顔に当てるのもやめましょう。

洗顔を見直すだけで、大分変わりますよ。

 

洗顔でキレイな肌にする方法があります!

スキンケアの中でも、とても大切と言われている洗顔。
その洗顔の仕方次第で、肌はかなり変わってきます。

その後の化粧水の効果にも差が出てしまうくらいです。
そこで、肌のためになる洗顔の方法について紹介していきたいと思います。

 

まず、洗顔で注意しなくてはいけないのは、肌への刺激です。
とにかく、肌に刺激を与えないように摩擦や洗顔料に注意する事が大切です。

洗顔料は、石鹸、洗顔クリームなど、どのような形態にしてもしっかりと泡立てる事が大切です。
どうしてかというと、その泡がクッションとなり肌への刺激を和らげるからです。

出来るだけ、直接、手が顔に触れないように注意しながら優しくなでるのがポイントです。
「手が触れるのが刺激になるのか?」と感じるかもしれません。
でも、試してみるとわかるかもしれませんが、手を触れないように泡で洗った肌は全く感触が違います。

それだけで、キメが整い、柔らかな肌を実感できます。
もしも、上手く泡立てられないようなら、既に泡が出来ている泡タイプの洗顔料や泡立てネットなどの便利な物もあります。
それらを活用すると良いでしょう。

 

そして、次に洗い流しの注意です。
洗い流しは、熱く感じない程度のぬるま湯で丁寧に洗い流します。
ここでも、刺激を与えないように注意して、水に顔をつけるような感じで洗い流します。

しっかりと泡立てた洗顔料は、毛穴の奥までしっかりと入り込みます。
ですから、何度も完全に洗い流して下さい。
また、生え際に洗顔料が残りがちなので、その点にも注意してください。
生え際の洗い残しは、ニキビの原因にもなってしまいます。

 

その後、更に洗顔を強化するためのポイントがあります。
それは、蒸しタオルです。

蒸しタオルを作って、顔にしばらくあてて、毛穴を完全に開かせます。
そして、もう一度、軽く洗い流します。

すると、完全に毛穴の汚れも取れる上に、その後の化粧水の浸透もアップします。
この蒸しタオルの工程は、洗顔料をつける前に行っても効果的です。

汚れがひどいと感じる場合は、洗顔料をつける前の方が良いかもしれません。
また、この蒸しタオルは週に1,2度程度にとどめた方が良いでしょう。
毎日、行ってしまうと、肌への刺激が強すぎて、肌の乾燥につながってしまいます。

 

以上のような流れで丁寧に洗顔を行う事で、肌は見違えるようにキレイになります。
その後の化粧水、美容液の効果も数倍アップします。
高い化粧水を使うよりも、時間をかけての洗顔が美肌につながります。

1日の最後にゆっくりと肌をいたわりながら、洗顔をしてあげる事でキレイな肌を手に入れる事が出来ます。

 

肌に優しい酵素洗顔料、2点

★アルファピニ28



★スノーパウダーウォッシュ
 



関連記事

正しい洗顔 ぬるま湯

正しい洗顔はお湯だけで良い?ぬるま湯の温度は?

  スキンケアの基本は洗顔と言っても過言ではありません。どんなに高価なスキン

記事を読む

正しい洗顔の仕方

正しい洗顔の仕方と泡立てのコツ、洗い流し方をしっかりと!

  皆さんは正しい洗顔をしていますか? 間違った洗顔を続けていませんか

記事を読む

スキンケア 基本 洗顔

スキンケアの基本は洗顔です。正しい方法でツルツル美肌!

  みなさんは、スキンケアでどういったことに気を付けて日々お手入れをされてい

記事を読む

正しい洗顔 ぬるま湯

洗顔は洗いすぎない事。w洗顔は必要?乾燥肌にはクレンジングのみ?

  女性の皆さんは、大人になるとほとんどの方がメイクをされると思います。

記事を読む

朝 洗顔方法 美肌

朝の洗顔方法を変えてみたら驚くほど美肌に!肌の調子が良くなる方法

  夜はクレンジングでメイクの汚れを落とし、ふわふわに泡立てた石鹸で丁寧に洗

記事を読む

スキンケア 基本 洗顔

スキンケアの基本は洗顔です。泡を手で作りTゾーンから!

  毎日のスキンケアの基本にして最も疎かにしてはならないステップといえば洗顔

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 【ほうれい線訴求】アヤナストライアルセット
PAGE TOP ↑