スキンケアの基本は洗顔です。泡を手で作りTゾーンから!

公開日: : 洗顔

スキンケア 基本 洗顔

 

毎日のスキンケアの基本にして最も疎かにしてはならないステップといえば洗顔です。
自分の肌質に合った洗顔料で一日の顔の皮膚の汚れを落とすことにより、健やかな肌に保ちます。

 

スキンケアの基本は洗顔です

クレンジングでメイクを落としたあと洗顔料をたっぷりと泡立てて顔に乗せて洗うのが正しい洗顔方法ですが、この泡を上手く作れない人も多いでしょう。顔の皮膚はとても薄く繊細なので、泡が少ないと汚れがしっかりと落ちないばかりか乾燥の原因にもなります。しっかりと洗顔料の弾力のある泡を作ることはとても重要な事なのです。理想は手のひらを逆さにしても落ちないくらいのたっぷりとした泡です。

まず手をしっかりと洗っておきます。汚れた手で洗っては泡も立ちにくいですし、顔に雑菌を広げているようなものです。ニキビなどの原因にもなりかねません。
洗顔料はチューブタイプやジェル、洗顔石鹸に泡洗顔料と様々なタイプがあるので自分のその時の肌の状態に合ったものを使えばいいでしょう。ただ敏感肌や乾燥肌の方はスクラブが入ったタイプを頻繁に使用することは控えたほうがいいです。溜まった角質を落としたいといった時に使用するのは大丈夫です。

 

洗顔の泡は手で上手に作ります。

洗顔に必要な泡は手でも十分に作ることはできます。洗顔料をたっぷり手に取って、もこもこに泡を作っていきます。時間がなかったり上手く出来ないという人は泡立てネットを使用すると誰でも簡単にホイップクリームのような濃密な泡を作れます。ポイントは水を泡を作る途中で加えることです。泡立てネットは使用したあとはしっかりと乾燥させ、雑菌が繁殖しないように気をつけます。通気性のいい場所によく水気を切ってからフックなどにかけておくといいです。また泡立てネットは使用するたびに劣化していくので一年を目安に買い換えるといいでしょう。

 

洗顔はTゾーンから始めるのが基本

また洗い始めるときは皮脂分泌の多いTゾーンからにしましょう。頬は泡で撫でるようにすれば十分です。特に乾燥しやすい口元や目元は泡を乗せるだけでも汚れは落とすことができます。
顔の皮脂腺は額やこめかみ、鼻、顎などに多く集中しているのでニキビができやすい肌質の方は念入りに洗うようにしましょう。ただし擦ってはいけません。指が肌に直接触れないように泡でマッサージするように洗うのがポイントです。
すすぎは温めの流水で最低五十回は行いましょう。お湯の温度は冷た過ぎても熱過ぎてもよくありません。
洗顔後は清潔なタオルで押さえるように水気をとった後、肌から水分が蒸発しない三分以内にそれぞれの肌質にあったスキンケアを行いましょう。



関連記事

洗顔できれいな肌

洗顔は1日何回?もっときれいな肌になる良い方法があります

洗顔のしすぎは良くなさそう、とゆうイメージはなんとなく皆さん持っていると思います。 で

記事を読む

正しい洗顔 ぬるま湯

正しい洗顔はお湯だけで良い?ぬるま湯の温度は?

  スキンケアの基本は洗顔と言っても過言ではありません。どんなに高価なスキン

記事を読む

スキンケア 基本 洗顔

スキンケアの基本は洗顔です。正しい方法でツルツル美肌!

  みなさんは、スキンケアでどういったことに気を付けて日々お手入れをされてい

記事を読む

正しい洗顔 ぬるま湯

洗顔は洗いすぎない事。w洗顔は必要?乾燥肌にはクレンジングのみ?

  女性の皆さんは、大人になるとほとんどの方がメイクをされると思います。

記事を読む

朝 洗顔方法 美肌

朝の洗顔方法を変えてみたら驚くほど美肌に!肌の調子が良くなる方法

  夜はクレンジングでメイクの汚れを落とし、ふわふわに泡立てた石鹸で丁寧に洗

記事を読む

顔 ニキビ 治す方法

顔のニキビを治す3つの方法と基本的考え方。顔の洗い方から始めよう

顔にできたニキビ、早く治したいですよね。 思春期の頃ならいざ知らず、大人ニキビは不潔な感じを与

記事を読む

正しい洗顔の仕方

正しい洗顔の仕方と泡立てのコツ、洗い流し方をしっかりと!

  皆さんは正しい洗顔をしていますか? 間違った洗顔を続けていませんか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 【ほうれい線訴求】アヤナストライアルセット
PAGE TOP ↑