肌荒れを1週間で治す方法!不足の栄養素補給と紫外線対策!

公開日: : 最終更新日:2017/06/17 肌荒れ

肌荒れ 1週間 治す

 

お肌がカサカサしたり、ゴワついたり、赤みが出たり…。気になる肌荒れの原因としては、食べ物や紫外線誤ったお手入れなど様々な要因が考えられます。
自分の毎日の習慣を見直してみて、肌荒れの原因が分かったら早速対策に乗り出しましょう。肌荒れの原因別の対策にはどんなものがあるのでしょうか?

 

★第1章

肌荒れを1週間で治す方法を教えます!

お肌が荒れる原因としては、実に様々な要因が考えられます。肌荒れの原因に思い当たったら、以下の対策方法を試してみてください。

 

【肌荒れの原因別対策1】

紫外線ダメージ対策

紫外線ダメージが多いお肌ほど、乾燥が進んでシミやシワが増えてしまいます。そうならないために、必ず使いたいのが日焼け止めです。状況に合ったSPFやPA値の日焼け止めを選び、一年を通して使い続けることが大切です。

 

【肌荒れの原因別対策2】

乾燥した環境に注意

エアコンによる乾燥に注意が必要です。特に暖房した室内では湿度が極端に下がり、お肌も乾燥します。お肌のために室内の加湿を心掛けましょう。
夏もクーラーによる乾燥も結構気になりますよね。美肌の基本は保湿です!

 

【肌荒れの原因別対策3】

睡眠不足解消

「8時間寝る」などと決めるよりも、まずは睡眠の質を上げましょう。ぬるめの湯船につかる、睡眠前には携帯電話の画面を見ないようにするなど、リラックスした状態で眠りに入ると睡眠の質が上がり、美肌作りにつながります。できれば肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時~2時の間に寝るのがベストです。

 

【肌荒れの原因別対策4】

ストレス解消

紫外線などの外的ストレスだけでなく、精神的なストレスもお肌に影響を与えます。規則正しい生活を送り、自分なりの気分転換方法で気分をリフレッシュするのも肌に良いことです。

 

【肌荒れの原因別対策5】

便秘解消

食生活の内容やバランス、回数を見直し、水分を十分に摂ります。加えて適度な運動を行うと大腸のぜん動運動が促され、お通じが整いやすくなります。お腹のマッサージも有効です。

 

【肌荒れの原因別対策6】

生理前に注意

生理前には皮脂の分泌量が増えるため、油分の多い食べ物を口にすると吹き出物などのトラブルにつながります。この期間は、チョコレートやナッツ類などの脂っこい食べ物は控えた方がベターです。

 

【肌荒れの原因別対策7】

間違ったお手入れをしない

スキンケアの基本である洗顔を見直すことで、肌荒れが改善する場合があります。洗顔の回数や洗い方、清潔なタオルを使っているかなど、自分の洗顔を再度見直してみて。
yajirusi≫≫≫正しい洗顔方法

 

【肌荒れの原因別対策8】

食べ物に注意

手軽に買えてすぐに食べられる食材に多く含まれている食品添加物を、できるだけカットします。バランスの良い食事を心がけ、塩分・油分・糖分・刺激物の摂り過ぎにも気を配りましょう。

 

【肌荒れの原因別対策9】

アレルギー

花粉症のシーズンには乾燥肌の人が増加します。肌に花粉を残さないために、帰宅後すぐに洗顔を行い、髪などに付着した花粉を落とすためにできれば入浴も済ませます。洗顔はできるだけ優しく、そして十分に保湿します。

 

【肌荒れの原因別対策10】

身近な汚れにも注意

きれいなように見えても手は雑菌だらけ。頬杖をついたり、鼻やあごに触れたりといった癖がある人は要注意です。肌に直接あたる寝具も、こまめに取り換えることが大切です。

 

★第2章

肌荒れに不足の栄養素を補給しましょう!

肌づくりの基本となるのは、タンパク質、脂質、炭水化物の三大栄養素。これに加えてビタミン、ミネラルをバランスよく摂ることで、三大栄養素の働きを助け、肌荒れの改善につながります。ただこれは「肌荒れ解消」には1か月くらいかかります。コツコツと!
必要な栄養素は高価なサプリに頼らずとも、旬の食材からちゃんと摂ることができます。外食の際も、栄養素について考えながら選ぶと良いですね。

 

【肌荒れに不足の栄養素1】

タンパク質

極端にカロリーを制限するような過度なダイエットで、お肌がカサカサになったことはありませんか? これは多くの場合タンパク質不足から来るもの。美肌づくりには良質なタンパク質が欠かせません。とはいえカロリーが気になるのも事実です。低カロリー高タンパクの食品としては、赤身の肉、鶏ささみ、アジ、イワシ、貝類、納豆、高野豆腐、海苔などがあります。

 

【肌荒れに不足の栄養素2】

ビタミン

ビタミンA、B群、C、Eなど肌荒れ対策に良い栄養素は数あれど、中でも特に注目したいのがビタミンB群です。豚肉やうなぎ、ナッツ、さんま、レバー、枝豆など広い食材から比較的摂りやすい栄養素ですが、どれか一つから摂るよりも様々な種類の食材からまとめて摂るのが効果的です。

 

【肌荒れに不足の栄養素3】

ミネラル

カルシウムや鉄分、亜鉛などのミネラルが不足すると貧血が起こりやすくなり、お肌もくすんでしまいます。そればかりでなく、爪や髪までボロボロになっておしゃれどころではありません。ひじきなどの海藻類や大豆製品、貝類、しらすなどがミネラルを含む代表的な食材です。食事を和食にすることで、ミネラルが摂りやすくなります。

 

お肌が生まれ変わるのには、約1カ月かかるといわれています。つまり、今日食べたものが1カ月後のお肌を作るということ。約1カ月間、バランスのとれた食生活を続けることで、気がつけば肌荒れの悩みを忘れているかもしれません。食品添加物・塩分・油分・糖分・刺激物の摂り過ぎや、食事の回数や時間などにも気を配れると完璧です。

yajirusi≫≫≫肌に植物の栄養を! 1週間で肌が変わります!

 

★第3章

肌荒れに紫外線対策はどうすればよいですか?

一年中降り注いでいる紫外線は、そのまま浴び続けているとお肌の乾燥が進んで、シミやシワなど肌荒れの原因になってしまいます。どのような紫外線対策をすれば、肌荒れが改善するのでしょうか?

肌荒れ 紫外線

【紫外線対策1】

状況に応じてSPFやPA値を使い分ける

日焼け止めの重要性は分かっていても、いざ店頭に行ってみると選び方がよく分からないという人も多いようです。ちょっとベランダに洗濯物を干しに行くときと、太陽ジリジリの海水浴に行くとき、どちらも同じSPFのもので良いのでしょうか?
一般的に、SPFは肌に赤みを起こすUV-Bを防ぐ数値、PA値は肌を黒くするUV-Aを防ぐ数値を表しています。よくあるのが、とにかく数値の高いものを選ぶというパターンですが、これには注意が必要です。なぜなら数値が高いほど、肌への負担も大きいといわれているからです。
日常的な通勤や買い物程度であれば、SPF15~20、PA値++くらいあれば十分です。レジャーや汗をかくときには数値が高いものを使い分け、いずれもきれいに洗い流すことが大切です。

 

【紫外線対策2】

日焼け止めを塗り直す

朝つけた日焼け止めの効果も、いつまでも保つわけではありません。紫外線が多い時間帯は10時~14時。お昼休みくらいを目処に日焼け止めを塗り直すことで、UVカットの効果が高まります。
いったんメイクを落としてやり直せれば良いのですが、忙しい人はそうもいきません。あぶらとり紙やティッシュで皮脂をオフしたら、日焼け止め効果のあるパウダーファンデーションやお粉でカバーします。その後、ポイントメイクを少し整えれば完成です。

 

【紫外線対策2】

紫外線対策は一年中

寒い季節や曇り空の日など、紫外線対策を怠っていませんか? 季節や天候によって量に違いはありますが、一年を通して紫外線は降り注いでいます。夏場だけの紫外線対策ではなく、いつ、どんなときでもUVカットを心がけることが肌荒れの改善につながります。

 

★まとめ

肌荒れを治すためのまとめ

あなたの肌荒れの原因と、その対策は見つかりましたか? 多くの場合、生活習慣と食生活を見直すことで肌荒れのトラブルは改善していきます。少しずつ美肌のための習慣を取り入れながら、トラブル肌にお別れしましょう。

 

≫≫≫肌荒れは、保湿化粧品で!保湿化粧品ランキング

 

関連記事

肌荒れの原因がわからない方はご覧ください。治し方と食べ物

  なんだかお肌がカサカサしたり、吹き出物が顔を出したり、女性のお肌は揺らぎ

記事を読む

40代の肌荒れ

40代の肌荒れの原因と肌の手入れの方法、化粧品の選び方は?

なんとなく、肌のハリが失われてきたと感じることが多い40代。 身体の新陳代謝は落ち、肌のタ

記事を読む

肌荒れ改善

肌荒れ改善や予防について。栄養素やサプリメントの紹介。

乾燥が酷い季節。 気が付くと肌荒れが酷くなっていたりしませんか。 「お肌がカサカサで化粧

記事を読む

産後肌荒れ

産後の肌荒れ カサカサの対処方法とスキンケアと化粧品!

出産したらお肌がカサカサに …と お悩みの方! 妊娠中、出産後は体が変化して、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 【ほうれい線訴求】アヤナストライアルセット
PAGE TOP ↑