目のクマが取れなくて悩んでます!なぜできる?治す方法は!

公開日: : 最終更新日:2016/07/08 目元

目のクマ 悩み

 

ちょっと忙しい日々が続いたある日、目の下にクマが出来ていてどっきり、なんて誰しも経験がある事ですよね。
何となく人相まで悪く見えてしまう目のクマ。女性にとっては一大事です。
それにしてもこのクマって一体何なのでしょうか?

 

★第1章

目のクマが取れなくて悩んでいます!

ふと鏡を見たら自分の目のクマにどっきり、なんて事ありますよね。
眼の下にクマがあるだけで覇気のない印象になります。
デートや大事な仕事の前だと特に「どうしよう」と悩みますよね。

実は「眼の下のクマ」は女性の美容の悩みの中でも上位に位置するんですよ!
美容クリニックの統計によると、女性の3分の1以上が目のクマやくすみに悩んでいるんだとか!

 

若いころは一日ぐっすり寝たら取れたのに、今はなかなか取れない…なんて悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は目のクマはその色味によって何種類かに分けられるんです。
それによって原因や対処が違うので、ゆっくり寝ただけでは簡単に取れない場合もあるんですよ!

 

まずは分類を見て行きましょう!

 

1、青グマ

血行不良により眼の下が青く黒ずむクマで、一番多いタイプと言われています。

 

2、茶グマ

目の周囲の皮膚にメラニン色素が定着して茶色っぽく見えるクマです。

 

3、黒グマ

目の周囲のくぼみやたるみが原因で影が出来るクマです。

 

この3種類がクマの基本分類になります。
色によって原因が「血行不良」「メラニン」「」の3つに分けられるんですね。

 

自分のクマがどのタイプか見分けるのが難しい場合は、まずはファンデーションを塗ってみましょう
「血行不良」「メラニン」の場合は皮膚の色が問題なので、上からファンデーションを塗れば薄くなります。
薄くならない場合は肌の色が原因ではないので、「影」のタイプになります。

ファンデーション

ファンデーションを塗って色が薄くなるタイプの場合、お風呂上がり等にクマが薄くなっているか見てみましょう。
血行が良くなると色がよくなるのであれば血行不良が原因です。
変わらないならメラニンが原因となります。

 

今すぐ知りたい場合は目の皮膚を引っ張ってみて、色が薄くなるようなら血行不良と判断してもOKですよ!!

それでは、それぞれの原因について細かく見て行きましょう!!

 

★第2章

目のクマができるのはなぜ?

なかなか消えない厄介な目のクマ。
では、目のクマが出来るのはなぜでしょうか?
先ほど色によってクマを3つに分けましたが、それぞれ原因も違うんですよ!
細かく見て行きましょう!

 

1、青グマ

血行不良が原因で起こります。
目の下は皮膚が薄いので血管が透けて見えます。
血行不良が起こると、血液中の酸素が不足して血管が青黒くなり、その血管が透けて皮膚が青黒く見えると言われています。

血行不良は運動不足や寝不足、冷え、ストレスだけでなく、パソコンやスマホの使い過ぎによる眼精疲労によっても起きます。
朝起きてクマが出来ている場合、このタイプのクマの事が多いそうですよ!!

 

2、茶グマ

メラニンの定着により起こると言われています。
メラニンは紫外線を浴びた時に皮膚を守るために出来るもので、シミの原因にもなります。
ターンオーバーがきちんと出来ていればメラニンは自然と外に排出されるのですが、加齢や乾燥、外部刺激などによりターンオーバーに乱れが生じるとメラニンが排出できなくなります。
目の下の皮膚のメラニンが排出されずに残っているために黒っぽく見えるのです。

メラニンは紫外線や摩擦が原因で増えると言われています。
夏場の日焼けやお化粧を落とす時の摩擦に注意です。

 

3、黒グマ

青グマと茶グマは血管の色や皮膚の色が原因でした。
黒グマは色自体は問題がなく、凹凸により影が出来る状態です。

目の下が痩せる、たるむ、むくむ等により凹凸が出来、そこに影が落ちるため、黒く見えてしまうのです。

主な原因としては加齢によるお肌のたるみがありますが、最近では眼精疲労によるものも多いと言われています。
長時間パソコンの画面を集中して眺めていると瞬きの回数が減り、目の周囲の筋肉が衰えてたるむのです。

パソコン集中

その他にも急激なダイエットによって起こることもあります。

それぞれのタイプで原因が全く違うのですね!

自分のクマの原因が分かった所で、対策を見て行きましょう!!

 

★第3章

目のクマを治す方法は?

それでは出来てしまった目のクマを治す方法にはどんなものがあるのでしょうか?
原因が違えば対処も違います。
それぞれ見て行きましょう!!

 

1、青グマ

血行不良の原因は冷え運動不足ストレスなど色々な要因があります。

対策としては血行を良くする事が肝心ですが、特に冷えを治すのは重要です。
夏場でもクーラーで冷えすぎないように上着やひざかけ等で体温調整して下さい。
また冷たい飲み物を避けて、なるべく常温の物を飲むのもおススメです。

食べ物は血液をサラサラにするビタミンEや酸素を運ぶ鉄分をしっかり摂るようにしましょう。

デートやプレゼン等大切な用事があるので「今すぐにクマを改善したい!」と言う場合は、
応急処置として半身浴などで血行を良くしてみてください。
その時間もない場合は温かいタオルでとりあえず目を温めてみてくださいね。
但し、これはその場の対処法であり、クマがしょっちゅう出来る人は根本的な生活改善が必要になります。

 

一日中パソコンを使って仕事をしている等、眼精疲労が原因の場合は、定期的に目を休める時間を作る、目薬を使うようにする、目に良いサプリ等を摂るのも一つの方法です。

またストレスが原因の方は少しゆっくり出来る時間を取って音楽を聴いたり本を読んだりして
リラックスする時間を作ってみてくださいね!

 

2、茶グマ

紫外線や摩擦などによりメラニンが定着してしまう茶グマ。
メラニンの排出をするにはターンオーバーを正常に戻してあげる事が重要だと言われています。

まずはお肌を作るコラーゲンの材料になるタンパク質とビタミンCをしっかり摂るようにしましょう。

そして、美白化粧品を使うのもおススメです。

メラニンの排出を促進すると言われている物質にはハイドロキノンやアルブチンがあります。
こういった物質の入っている化粧品を選ぶのがおススメです。

 

乾燥もターンオーバーが乱れる原因の一つですから、顔を洗ったらすぐにしっかりと保湿するのも大切です。

保湿効果の高いセラミドが入った化粧水を使うと効果大ですよ!

同時に紫外線対策は目元もしっかりと行いましょう。

摩擦も原因の一つなので、クレンジングの際はこすりすぎないように。
特にマスカラやアイメークを落とす時に強くなりがちなので、クマが酷い時はマスカラを止める、または落としやすい物を使うなど気をつけてみてください。

 

3、黒グマ

肌のでこぼこが原因で起こる黒グマ。

こちらのクマを改善するにはお肌のハリを戻す事が重要です。
乾燥を抑え、ターンオーバーを正常化する事がとても大切になります。

対策としては茶グマと同じように、まずはお肌を作るコラーゲンがきちんと生成されるようにタンパク質やビタミンCを摂るようにします。
この二つはセットで効果が出る物なので、両方バランス良く摂るようにして下さい。

と同時にセラミドが入った化粧品でしっかり保湿しましょう。

yajirusi≫≫≫セラミドの入った化粧品

またむくみを減らすために、眼輪筋の筋トレも効果があると言われています。
目を閉じて目元を引っ張ってキツネ目にして10秒キープ。
抑えるときは強すぎないようにしてみてくださいね!

 

また薄眼を開けて10秒キープと言う運動も効果があるそうです。

眼球の運動も効果があるそうですよ!
寄り目になるように目を動かしたり、眼球を∞の形に沿って動かすのも
眼輪筋の筋トレになるそうです。

以上、自分のクマのタイプに合わせて対策を練ってみてくださいね!

yajirusi≫≫≫目元専用の美容液がある化粧品は?

 

★まとめ

目のクマの悩みのまとめ

クマには色ごとに3つの種類がありますが、どれにも共通している対策には「ターンオーバー」「血行を良くする」があります。
特にパソコンの長時間使用は血行にもたるみにも影響が出る所ですが、仕事なので使わないわけにはいきません。

定期的に目を動かしたりストレッチしたりを習慣にしていきたいですね!
ちょっとした事に気をつけて、美容と健康を守っていきましょう!!

関連記事

目元のハリ

目元のハリのケア方法は?シワやくまをなくす美容液は?

「目は口程に物を言う」 そんな言葉があるように、たるんだ目元の印象が、あなたの見た目年齢を

記事を読む

目元 しわ 消す

目元のしわを消したい。原因と2種類の改善方法はこれ!

年齢を判断するとき、私たちは普段どこを見るでしょうか。 服装や髪型ではありませんよね。顔を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 【ほうれい線訴求】アヤナストライアルセット
PAGE TOP ↑