ゆらぎ肌の意味を!季節の変わり目に化粧水のおすすめ。

公開日: : うんちく, 肌の悩み

ゆらぎ肌

最近よくきく「ゆらぎ肌」。みなさんそのゆらぎ肌の定義ってご存知ですか?なんとなく肌が不安定なような、安定していないような状態を指している気がしますよね。最近このゆらぎ肌というのが女性の間で増えているそうです。

そんなゆらぎ肌の意味をこの機会にいっしょに勉強していきませんか?このゆらぎ肌は放っておくとトラブルも引き起こし、肌にとってあまりよくありません。
そうならないためにもしっかりとゆらぎ肌の知識をつけて対策をしていきましょう!

 

★第1章

ゆらぎ肌の意味を!

さて、ここでは「ゆらぎ肌」の意味を詳しくご紹介していきます。
ゆらぎ肌というのは季節の変わり目や急な気温の変化や環境の変化によって起きてしまう肌の違和感のことを言います。昔はこんな言葉はなかったのですが、環境汚染や環境変化によって徐々に肌に負担がかかり、このような状況が生まれてきたのでしょう。

 

ゆらぎ肌の症状としては。

肌がべたつく
乾燥する
お化粧のノリが悪い
肌がピリピリしたり違和感がある
いつもの化粧品が合わないような気がする
肌にかゆみがある
なんとなく肌の調子が悪い
肌がくすんでいる気がする

といったものがあります。
一般的に言われる「敏感肌」ではなく、あくまでも春の季節の変わり目に一時的にこういった症状がでることをゆらぎ肌の特徴とされています。敏感肌に症状は似ているのでわかりにくいかもしれませんが、春先になんとなく調子が悪いなあと感じるようであればそれは「ゆらぎ肌」である可能性が高いです。

そのため季節の変わり目だけでなく、生理前や生活習慣が乱れた時やストレスが溜まっている時、寝不足が続きなんとなく調子が悪い時にもこういった「ゆらぎ肌」の症状が出る時があります。
ゆらぎ肌の症状が顕著に現れるのは季節の変わり目の春先が一番多いとされますが、こういった生活習慣の乱れによっても引き起こされると言われています。

 

ですがやはり一番やっかいなのは春先の季節の変わり目に引き起こされるゆらぎ肌です。どうして春先にゆらぎ肌の症状がでるようになってしまうのでしょうか。季節と変わり目というと秋口や冬の季節の変わり目といった季節の変わり目もありますよね。ですが世間で言われるのは、「春先にゆらぎ肌になる」ということです。それには理由がありました。第2章ではなぜ春の季節ん変わり目にゆらぎ肌になるのかをご説明させていただきます。

 

★第2章

季節の変わり目にゆらぎ肌になるのは?

どうして春になるとゆらぎ肌になってしまうのでしょうか。
それには理由がありました。
ゆらぎ肌は特に春先に症状がでやすいとされています。その理由としては日中と夜間の気温の差が激しく、肌がその変化についていけないからです。

春は花粉や黄砂・紫外線といった刺激が非常に強くなり、そのため肌にストレスがかかってしまい、こういった症状が引き起こされてしまうのです。気温が上がると皮脂の分泌が盛んになり、下がると乾燥します。こんなことが1日の中で寒暖差が繰り返されたら肌も不安定の状態で、常にストレスのかかっている状態だということも納得ですよね。

 

現代では昔に比べて花粉や黄砂の量も格段に増えてしまいました。森林伐採、大気汚染などがその原因とされていますが肌にとっても自然が減るということは、直接的に関係していないようで実はとても大きなダメージを受けているということです。

外に車を置いておいたら真っ黄色に汚れているのを見かけたことはありませんか?その汚れが直接肌に付着しているのです。春は特にクレンジング・スキンケアを重視する必要がありますね。

 

そして春といえば変化の季節でもあります。仕事の環境や生活環境がガラリと変わったり、精神的にも大きな影響が与えられる季節でもあります。精神状態と肌は大きく関係しています。精神的なストレスを受けることによって、肌にも大きなストレスがかかっているのです。このため春はゆらぎ肌になりやすい季節と言われています。

他にも季節の変わり目というと秋や冬など何度もありますが、春ほど肌に負担がかかる時期はありません。あたたかくすごしやすいとされている春ですが、肌にとっては負担のかかる季節でもあります。しっかりとスキンケアを行い季節によるゆらぎ肌に負けない強い肌をつくっていきましょう!

 

★第3章

ゆらぎ肌の効果ある化粧水のおすすめは?

第1章、第2章とゆらぎ肌について説明させていただきました。第3章ではゆらぎ肌に効果的なおすすめ化粧品をご紹介します。

さて、化粧水のご紹介の前にゆらぎ肌にとって大切なことをお話させていただきますね。
ゆらぎ肌になりやすい方というのは生活習慣が乱れやすく、寝不足、食生活が乱れている方などは比較的ゆらぎ肌の症状を感じることが多いようです。スキンケアもとても大切ではありますが、まずは自分の生活を見直してみてください。肌作りの土台である生活習慣を正すということが季節の変わり目にも負けない肌をつくる第一歩なんです。

 

そしてゆらぎ肌になりやすい方にとって大切なことは保湿することです。ゆらいできたから頑張る、というものではなく、毎日のスキンケアを怠らないで肌がもつ力を高めておくこと。それがゆらぎ肌にも負けない肌作りの基本です。
そしてゆらぎ肌が気になったら、肌のバリア機能を整えてくれるスキンケアアイテムを使用してくださいね。いつものオイルがたっぷり入ったものよりは肌にやさしいものを使うように心がけてください。

 

スキンケア方法はしっかりとやさしく洗顔を行い、汚れを落とします。そして化粧水は保湿成分のセラミドがたっぷりと入ったものを使うようにしてくださいね。この時、化粧水に含まれるアルコールが肌の刺激になることがあるのでゆらぎ肌のケアの時にはアルコールを使われていないものを使うようにしましょう。
そして化粧水をつける時に大切なことはしっかりと浸透させることです。一度化粧水を付けたから終わり、といった風ではなく何度も何度も浸透させるように両手を使ってプレスしましょう。この時「しみ込め?」と念を送ってあげると効果的なんです。

 

そして化粧水を付け終わったらまたクリーム等で保湿してあげることが大切です。

ゆらぎ肌というのは肌のバリア機能が弱まりいろんな不調がでてきてしまっている状態です。しっかりとそのバリア機能を直し、肌の調子を整えることがゆらぎ肌に効果的なことなんです。しっかりとした保湿ができる肌にやさしい化粧水を使って辛着肌対策をしていきましょう!

yajirusi≫≫≫バリア機能に優れた化粧品化粧品 

yajirusi≫≫≫しっかり保湿ができる化粧品

 

ゆらぎ肌のまとめ

季節の変わり目に起こるゆらぎ肌。なかなか現代を生きる女性にとって避けることは難しいかもしれません。ですがそんな中でもしっかりとケアをすることによって改善することは可能なんです。生活習慣の見直し、食生活、睡眠、そしてスキンケア。しっかりと自分の肌の声を聞いて守ってあげてください。過酷な環境にさらされている私たちの肌はいつもストレスまみれです。その状況を少しでもよくし、肌にとっていい環境を作ってあげたいですね。

しっかりとしたスキンケア、生活習慣、お肌のために始めちゃいましょう!

関連記事

肌年齢 若くしたい

肌年齢を若くする3つ方法と、若さを保つ4つのやり方はこれ

いくつになっても若々しく綺麗でいたいと思うものです。 特によく見られるのは肌!肌の中でも一

記事を読む

肌 ターンオーバー

肌のターンオーバーの仕組みを!遅い弊害は?整えるには?

お肌の大敵、乾燥する長い冬を越しました。今からやってくるのは油分、皮脂が多くなる夏! 紫外線

記事を読む

目の下のクマ

目の下のくまの原因は?治す方法と毎日のスキンケア。

ふと鏡に写した自分。仕事終わりに何気なく見た電車の窓に写る自

記事を読む

たるみ ケア

たるみをケアするコラーゲン!摂りたい栄養と化粧品成分!

  年齢とともに気になるのが肌のたるみだと思います。肌がたるむのはコラーゲン

記事を読む

美肌 食事

美肌の生活習慣は食事が大事!バランスよく摂ってください。

  みなさんは美肌になるためにどんなことに気を付けていますか?ほとんどの女性

記事を読む

産後の肌荒れ

顔の赤み かゆみ 乾燥の原因は?抑えるには?治すには?

お風呂上り、肌が渇いて突っ張る感じがする… そんな経験ありませんか? 放っておくとかゆく

記事を読む

40代 女性 肌 悩み

40代女性の肌の悩み解決法!プラセンタの役割と人気ランキングは?

40代に入り、肌の疲れをヒシヒシと感じています。 眠っている間に顔についた枕の跡が、結局1日中

記事を読む

マスク 大敵

乾燥肌で敏感肌のスキンケア。マスクは大敵、改善化粧品の口コミは?

33歳会社員の女性です。十代の前半から乾燥肌と敏感肌に悩まされています。 もともとアト

記事を読む

インナードライ肌 改善

インナードライ肌を改善方法 洗いすぎない・水分補給・蓋をする

オイリー肌、ドライ肌、混合肌と肌質には幾つか種類がありますが、中でもスキンケア方法が難しいの

記事を読む

保湿

美肌のための生活は睡眠とストレス発散とリラックスタイム

美肌といえばシミやシワがなく、キメの整った白い肌ですよね。 皆さんは美肌になるためにどんな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 【ほうれい線訴求】アヤナストライアルセット
PAGE TOP ↑