ほうれい線が目立つ年齢?最新メイクとスキンケアの口コミ!

ほうれい線 目立つ 年齢

いつの間にか気がついたらほうれい線が目立つようになってしまっている。ほうれい線ってもう気になりだすととまりませんよね。どうしたらいいんだろうと途方に暮れてしまう気持ちもよくわかります。年齢?いえいえ、年齢だからとあきらめないで!

このほうれい線、なくすことはできなくても薄く、目立たなくなればどんなにいいかと思ったことはありませんか?
そんな方法があるんです。毎日のケアに加え、お化粧の方法だって少し変えてあげれば目立たなくすることはできるんです。
その方法についてご紹介していきます!

 

★第1章

ほうれい線が目立つ年齢です。原因は?

さて、第一章ではほうれい線ができてしまう原因を最初にお話しさせていただきます。
ほうれい線ができる原因はお肌の「たるみ」です。年齢を重ねるごとにたるんでしまった部分がシワやほうれい線になってしまうのです。

ですがほうれい線の原因は加齢だけではありません。
生活習慣の乱れ、ストレス、ダイエット、紫外線といった、たくさんのことが重なりあってほうれい線の原因になっているのです。
そしてほうれい線のできやすい理由というのは、

・肌の乾燥
・紫外線ケアをせずに日光を浴びて肌が弱っている
・顔の筋肉が発達していない
・血行が悪い

といったものがあります。
日常生活の中でたくさんのことがほうれい線に悪い影響を与えているのです。
原因と理由がわかったところで、これから日常生活で気をつけることをお話ししていきますね。ちょっとの手間をかけるだけでほうれい線を目立たなくすることは可能なんです!大切なことは毎日行うということ。劇的に効果がでるというわけではないですがこういったものは地道に毎日続けることが大切です。
気がついたときに行動しましょう!

1、皮膚を伸ばすこと
紙にしわが出来てしまったとき、手で伸ばしますよね。それと同じことを自分の肌にもしてあげてください。指や手でほうれい線を伸ばすのです。このとき乾燥した肌にマッサージしてはいけません。肌を傷つけてしまうからですね。お風呂に入った時や、スキンケアをした時に一緒に行いましょう。

画像20

2、口の中からほうれい線を伸ばそう
さきほどお話ししたのを口の中からも行いましょう。親指をほいれい線のあるところにいれ、伸ばすようにマッサージをするのです。やさしい力でスッスッと重なってみてください。これを左右10回ずつくらい。これも入浴中の血行がよくなっている時にするのがオススメです。

 

3、表情筋を鍛える
ほうれい線はたるみからできています。たるませないためには顔の筋肉を鍛えることがとっても大切。
毎日、「あ・い・う・え・お」と大きく口を開ける体操をしてください。しっかりと大きな口を開けることが大切ですよ!見られたら恥ずかしいので、やる時は誰もいないところでやった方が良さそうです。

 

4、生活習慣を整える
ほうれい線の原因ともなる生活習慣の乱れ。この機会にしっかりと見直してみましょう。睡眠時間を確保し、バランスのいい食事をし、適度な運動をする。これだけで肌が生き返る気がしませんか?

 

ほうれい線と生活習慣は切っても切れない関係にあります。どんな肌トラブルでも生活を整えるということがすべての基礎になってくるんです。
第2章ではほうれい線を消すメイクの仕方をご紹介します。

 

★第2章

ほうれい線を目立たなくする最新メイクは?

第2章ではほうれい線を目立たなくするメイクの方法をお話していきますね。
まず、お化粧の前にはしっかりとスキンケアを行ってください。ほうれい線を目立たなくするためにも直前のスキンケアはとても大切なんです。この理由は第三章でまたお話しさせていただきます。

1、しっかり保湿をしたスキンケアを行う

スキンケア

2、下地をつける
下地には肌の凸凹を滑らかにして、シワを目立たせなくしてくれる働きがあります。その上にファンデーションを塗ってもシワの中にファンデーションが溜まるのを防いでくれるんです。
下地はお肌のことを考えて、紫外線をカットしてくれるものを選ぶようにしましょう、紫外線はほうれい線を悪化させてしまう原因ですからね。

 

3、コンシーラー
シワやくすみを隠してくれる便利なコンシーラー。ほうれい線を目立たせないようにコンシーラーを使う時は、丁寧に指で馴染ませながら明るめの色のものを使うのがオススメです。何回も指でトントンとやさしくしてあげてくださいね。

 

4、ファンデーション
ファンデーションをほうれい線の上から塗ったらスポンジでトントンと叩き込んでください。この時もやさしくするのが大切ですよ。ファンデーションは塗りすぎてしまうと溝に溜まってしまうので、スポンジを使って厚塗りにならないように気をつけてください。
まだほうれい線が目立つ、という方はハイライトを使いましょう。パール入りのハイライトを使うことで光の効果でほうれい線が気にならなくなるんです。
ファンデーション

 

5、メイク直し
メイクの際に気をつけることはほうれい線にファンデーションが溜まったり、ヨレてしまっていないかということです。メイクはだんだん時間とともに崩れていってしまいます。その上からファンデーションを重ねるとまたすぐに崩れてしまいます。一度ティッシュでオフしてから、もう一度スポンジを使って馴染ませてください。

 

以上がほうれい線を目立たなくするためのメイクの方法です。
「やさしく馴染ませる」のがポイントです。肌を触る時もメイクをする時も、ご自分の肌にやさしく触れてあげてください。

 

★第3章

ほうれい線の為のスキンケアの口コミは?

第3章ではほうれい線を目立たなくするためのスキンケア方法についてお話しさせていただきますね。

ほうれい線を悪化させないためにもスキンケアはとても大切なんです。
ほうれい線の原因であるたるみとシワですが、これは肌の乾燥によるものもとても大きいとされています。肌の中に水分が足りないため乾燥してしまい、肌にハリやツヤがなくなり、次第にそれがシワやたるみになってしまうのです。そのため毎日のスキンケアの中でしっかりと保湿をすることが大切なんです。

その方法と、スキンケア口コミランキングを紹介します。

 

1、まずはメイク落としと洗顔をして肌の汚れを取り除きます。この時少しでも汚れが残っていると栄養が染み込まないうえ、肌荒れや出来物の原因になってしまうのできっちりとやさしく落とすよう心がけましょう。

メイク落とし

 

2、洗顔後、清潔なタオルで水気を拭き取ります。そして化粧水をコットンまたは手のひらに取り、肌に馴染ませます。コットンでも手でも賛否両論がありますが私は個人の好みでいいと思います。化粧水と乳液や美容液といった栄養分を肌に入れ込み、保湿をします。肌に馴染ませ、奥まで浸透させるようなつもりで行ってください。

<コットン>
コットンなら化粧水を染み込ませ、ヒタヒタとやさしく肌に馴染ませてください。叩き込むのではなく、あくまでもやさしくすることがポイントです。
<手のひら>
手のひらに取る時には500円玉くらいと言われていますが、一度にそんなに取るとこぼれてしまうと思います。少量ずつ行うのがオススメです。少しずつ手に取る→肌に両手で馴染ませる、これを2、3回繰り返します。

 

3、そして3分ほど時間を置いてから乳液を塗りますこうして3分時間を置くことで化粧水が肌によく浸透すると言われているんです。

 

4、そして乳液をムラなく塗って、両手で包み込み、浸みこめ、浸みこめと念じます。病は気からという言葉もあるように、こうすることで肌の馴染みもよくなるんです。

 

そしてスキンケアが終わったら、早めに寝ましょう!
特に乾燥が気になる方は美容液やナイトクリーム、保湿クリームをプラスするといいですね。
ほうれい線を目立たなくするために必要なことは「保湿」です。保湿に大切なのはなんといっても普段からのスキンケアです。しっかり毎日ケアをしてほうれい線を目立たなくしましょうね。

スキンケアの口コミランキングです。

yajirusi

≫≫≫ほうれい線をなくす保湿化粧品のランキング1位です!

≫≫≫ほうれい線をなくす保湿化粧品のランキング2位です!こちらも人気

 

まとめ

ほうれい線は加齢とともに目立つようになると言われていますが、自分の努力次第でどうとでもできるんです。
毎日のスキンケア、生活習慣を見直してほうれい線を目立たなくし、明るい表情で毎日を過ごせるようになりたいですよね。

今日からさっそく始めちゃいましょう。きっとしばらくしたら鏡を見るのも楽しみになりますよ。そんな自分になったらメイクもおしゃれも何倍も楽しくなります。
そんな未来に向かって一歩踏み出してみませんか?

関連記事

ほうれい線 気になる

ほうれい線が気になる年齢になってきた!消し方と予防法!

顔にシワができてくると一気に老けて見えますよね。特にほうれい線は実年齢よりもずっと上に見せて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 【ほうれい線訴求】アヤナストライアルセット
PAGE TOP ↑