目の下のくまの原因は?治す方法と毎日のスキンケア。

公開日: : スキンケア, 肌の悩み

目の下のクマ

ふと鏡に写した自分。仕事終わりに何気なく見た電車の窓に写る自分。驚くほど疲れた顔、していませんか?疲れている時って、自分でもびっくりするくらい老けているように見えませんか?それを見てさらに気持ちが落ち込んじゃったりして。「ああ、私ももう歳かしら」なんて嘆いてみたり。そんな日はなんだか泣きたくなっちゃうのが乙女心というもの。

 

でも、泣くにはまだ早いです!
その老けてみえる原因、目の下のくまかもしれませんよ!そのくまさえなんとかしたら、今より若く綺麗に見えるようになると思いませんか?
じゃあ、くまってなんでできるのでしょうか?できないようにするためにはどうしたらいいでしょうか?
そんな疑問とくまを解消し、疲れ知らずで若々しい目元、一緒に手に入れちゃいましょう!

 

第1章

目の下のくまの原因は?

この目の下のくま、気がついたらできていたり、目立つようになっていますよね。どうしてこんな風になってしまうのでしょうか?原因は何があるのでしょうか?
みなさん、くまにも種類があるということをご存知でしょうか?その種類は3つ、種類によってくまの原因が違うんです。これからひとつひとつ、お話しさせていただきますね。

 

 1、青ぐま  これは血の巡りが悪く、血液が滞ってしまい青く見えてしまっているんです。睡眠不足や冷えが原因なんです。それによって起こる血行不良で皮膚から静脈血が透けて見えることで起こります。

 2、茶くま  摩擦や紫外線のダメージによって色素沈着が起こり、できてしまうくまです。皮膚の色が茶色くくすんでしまうため茶くまと呼ばれています。

 3、黒ぐま  むくみやたるみなどで起こる黒ぐまです。加齢や乾燥によって皮膚の成分が衰えてしまい、目の下がたるんでしまいます。たるんでしまうと肌に凸凹ができてしまいその影が黒く見えることによって起こります。

 

さて、くまにも種類があるとわかっていただけたかと思います。あなたはどのタイプでしょうか?くまの見分け方もこの機会にご紹介しますね。

まず、普通にしている状態で目尻を指で横に引っ張ってみてください。この時の色の違いからくまの種類がわかります。

引っ張った時、くまのある部分の色が薄くなったあなたは「青ぐま」タイプ。

色が変わらなかったら「茶ぐま」タイプ。

そして色が変わらなかった時は、上にも向いて見てください。上を向いた時、色が薄くなったあなたは「黒ぐま」タイプです。

 

主に3つのくまのタイプ、わかっていただけたでしょうか?どのタイプのくまも年齢を重ねていくとだんだん目立つようになってきます。その理由は目の造りにありました。

目の周りは柔らかい脂肪で覆われていて、それをまぶたが支えています。でもそのまぶたの皮膚はとても薄いうえ、皮膚腺が少いので皮脂の分泌が少なく、乾燥しやすいのです。しかも神経も敏感です。さらにまばたきもたくさんしますよね。目の周りは負担が相当かかっている部位なんです。

 

そしてまぶたは「メラノサイト」という紫外線を浴びるとメラニンを作る働きが盛んな成分がたくさんある部位なんです。だから、簡単に色素沈着も起こしてしまうんです。
こういったいくつかの理由からわかるように、くまができてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。
ですが、だからと言って諦めるなんていやですよね。次の章でくまを治す方法をご説明します!

 

第2章

目の下のクマを治す方法は?

第1章でお話しさせていただいたくまの原因、たくさんありましたね。「目の周り」というのは非常に繊細な部位だということです。それなら、その繊細さに負けずにこちらもきちんとした方法で目の下のくまを治していきましょう!ここでは「食事」で目の下のくまを治す方法をご紹介します。

くまの種類は3種類ありましたよね。実はその種類によって効果的な栄養も違ってくるんです。

 

青ぐま:青ぐまに効果的な栄養は「葉酸」です。血行不良でできてしまうこのくまには、血液をサラサラにしてくれる葉酸を含んだ食事を摂りましょう!また血液中のヘモグロビンの材料にもなる鉄分を含んだものもいいですね。ヘモグロビンは酸素を運び、血行をよくしてくれます。葉酸は焼き海苔や菜の花、枝豆にたくさん入っています。また、レバーは鉄分も葉酸もたくさん含んでいるので積極的に摂りたい栄養です。

 

茶ぐま:茶ぐまは色素沈着やメラニンが原因で、できてしまうくまでしたね。なので、メラニンを抑える「ビタミンC」が効果的です。ビタミンCを多く含む食べ物はフルーツ、パプリカ、などなど。フルーツの中でもアセロラは特にたくさん含んでいるのでおすすめです。
ビタミンCは体内から排出されやすい成分なので、こまめに摂ったりサプリメントにサポートしてもらってもいいかもしれませんね。

 

黒ぐま:黒ぐまは加齢によって起こってしまう、たるみが原因でした。たるみには食事よりもスキンケアのやり方が重要になってきます。そして、たるみと同じくむくみも黒ぐまの原因ということ。むくみを抑えるには塩分を控えることが大切です。

 

またくまを治すのも大切ですが予防することも大切です。くま予防には鉄分とビタミンE。ビタミンEはアーモンドに入っています。お腹が空いた時のおやつがわりにするとダイエットにもなり一石二鳥です!

さて、第2章では食事によるくまの治し方を紹介させていただきました。第3章ではいよいよスキンケアの方法をお話させていただきます。

 

第3章

目の下のクマの毎日のスキンケア方法は?

これからもできないようにするために。

第1章、第2章とくまの種類と食事での治し方をご紹介してきました。第三章では目の下のくまに効果的な毎日のスキンケアの方法をお話させていただきます。

 

まずは青ぐまです。青ぐまは血行不良によってできるくまなので、目の周りの血液の流れを良くしてあげることが大切です。スキンケアの最後に目の周りにあるツボをやさしく押して、マッサージをしてください。

この時、アイクリームや乳液などで滑りを良くしてくださいね。第2章でお話ししたように目の周りはとってもデリケートです。痛いと感じるほど押すのではなく、気持ちいいかな、ちょっと物足りないかもと思うくらいの力で十分です。目の下の骨のあたり、眉下を徐々にマッサージするだけで表情がパッと明るくなりますよ。

顔だけじゃなく全身の血行を良くするためにも、ウォーキングといった運動も効果的です。ストレス解消にもなりますしね。

 

次は茶ぐまです。色素沈着、メラニンが原因の茶ぐまには美白ケアが効果的なんです。目元専用のアイクリームを使ってお手入れしましょう。茶ぐまは目の下だけじゃなく目、全体にあらわれるのでアイクリームも全体に使うようにしてください。

また、メイクを落とす時にゴシゴシと擦ってしまうのも色素沈着の原因になります!絶対に擦らず、アイメイク専用のリムーバーを使うようにしてくださいね。

 

そして最後は黒ぐまです。乾燥や加齢によって起きてしまう黒ぐま。大切なことはしっかりと保湿することです。保湿ケアをしっかりと行い、エイジングケアが効果的です。これ以上目元をたるませないようコラーゲンやビタミンCがたっぷり入ったアイクリームを使ってください。黒ぐまは加齢によって起こる老化現象です。そうならないためにも早め早めの対策が大切なんです。黒ぐま対策に早すぎるなんてことはありません。目の下のたるみを感じる前にしっかりと保湿して黒ぐまを撃退しちゃいましょう!

 

3つのくまに対するスキンケア方法、いかがでしたか?全てに共通していることは「やさしく触れる」「やさしくクリームを塗る」といった、「やさしさ」が必要だということです。

≫≫≫ 評判の「目元用美容液」があります^^ 

 

まとめ

目の下にできてしまうくま、いやですよね。疲れて見えるし老けても見えるし。でも、反対に言えばくまさえ解消できたらとっても若々しく見えるということです!くまがなく目がキラキラしている女性はいくつになっても美しく、若々しいものです。年をとってもそんな女性になりたいなあと思います。

マッサージやクリーム、食事など日頃からちょっと気をつけるだけでできることばかりです。その「ちょっと」が数年後の自分の表情を作っているんですよね。
面倒臭がらず、毎日しっかりケアしていきたいです!みなさん一緒に頑張りましょう!

関連記事

肌 潤い シートパック

肌の潤いはシートパックでシミやしわ対策 のんびりと!

  47歳 女性 専業主婦です。肌質は敏感肌~混合肌のようです。数年前から鏡

記事を読む

産後の肌荒れ

顔の赤み かゆみ 乾燥の原因は?抑えるには?治すには?

お風呂上り、肌が渇いて突っ張る感じがする… そんな経験ありませんか? 放っておくとかゆく

記事を読む

スキンケア 何 も しない

化粧品は使わない方が良い?スキンケアを何もしない効果とは?

「化粧品を使わないと肌が老化する」「化粧品がないと絶対ダメ」こんなふうに思っていませんか。

記事を読む

ドモホルンリンクル 化粧品 評価

ドモホルンリンクル化粧品の私からの評価。高いけれど・・・

35歳専業主婦の方の投稿です。 子供が生まれて数年の間は、ほとんど自分に時間をかけるこ

記事を読む

乾燥 肌荒れ

深刻な乾燥&肌荒れトラブルが治った「なんちゃって角質培養・肌断食」

39才女性、主婦です。 肌質は敏感肌、現在は限りなく普通肌に近い乾燥肌です。 20代

記事を読む

顔 乾燥肌

顔の乾燥肌でかゆみがある!6つの原因とそれぞれの治し方。

季節の変わり目や、秋や冬場によく見られる肌の乾燥。 乾燥が強くなると、肌の弾力性がなくなり

記事を読む

40代 女性 肌 悩み

40代女性の肌の悩み解決法!プラセンタの役割と人気ランキングは?

40代に入り、肌の疲れをヒシヒシと感じています。 眠っている間に顔についた枕の跡が、結局1日中

記事を読む

30代女性 肌 悩み

30代女性の肌悩みとトラブルに対しての30代からのスキンケア。

30代になると、20代のころにはなかったエイジングサインが表れてきます。 以前は気にならなかっ

記事を読む

ココナッツオイル

ココナッツオイル 肌の保湿や美白には100%天然のこのオイル

  季節や体調によって変化する、女性のデリケートなお肌。スキンケアに何を使っ

記事を読む

美肌 なりたい

美肌になるには基本は保湿!理由と方法!この化粧水ですべすべ!

  美肌になりたい!皆さんそう思います。美肌の基本は保湿です。 保湿肌にと

記事を読む

Comment

  1. くどう より:

    北海道産シーベリーのフレッシュ果実でスムージー作って飲んでいます。寝る前に飲むと翌朝のお通じいいですよ。アトピー肌が良くなっています。すごい果実が北海道にありますよ。

  2. babymetal27 より:

    くどう 様、
    情報ありがとうございます。
    お肌にはお通じも大切ですね^^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 【ほうれい線訴求】アヤナストライアルセット
PAGE TOP ↑