肌のターンオーバーの仕組みを!遅い弊害は?整えるには?

公開日: : 最終更新日:2016/06/26 うんちく, スキンケア

肌 ターンオーバー

お肌の大敵、乾燥する長い冬を越しました。今からやってくるのは油分、皮脂が多くなる夏! 紫外線も強くなるこの季節、しっかりケアをしたいものです。
ですが、紫外線・油分のケア、その前に。

「肌のターンオーバー」という言葉をご存知でしょうか?肌の皮膚は時間が経つとともに古くなり、新しいものが生まれます。その新しい皮膚を作ると同時に、細胞も新しいものに入れ替わります。この細胞と皮膚の入れ替わりのことを「ターンオーバー」と言います。

つまり、蝶に例えると脱皮ですね。蝶というよりも蛇に近いかもしれません。蛇も綺麗な皮を纏うために古い皮を脱ぐ。そして新しい細胞、皮を身にする。これと同じことが人間でも起こっているということです。

第1章ではターンオーバーの仕組みついて詳しくお話しさせていただきます。

 

第1章

肌のターンオーバーの仕組みを教えて!

この章では冒頭で触れた「ターンオーバーの仕組み」について詳しくお話していきます。

ターンオーバーとは、皮膚や細胞が新しく生まれ変わり入れ替わる、ということでした。この生まれ変わる周期の理想は28日と言われています。女性の生理周期と似ていますね。つまり、「いかに理想的な周期でより良い細胞を作ることができるか」が美しさの鍵になるということです。

さて、ここからはターンオーバーについてもう少し詳しく掘り下げていきたいと思います。
皮膚の一番下にある細胞を作る部分を「基底層」と言います。そこで細胞が生まれ、28日くらいかけて生まれた細胞が皮膚の一番上の部分、角層に上がっていきます。

 

この押し上げられていくと同時にその細胞は形を変えていきます。ゼリー状で水分を蓄えてくれる力があり、お肌モチモチに欠かせない成分のヒアルロン酸。皮膚のバリア機能で大切なフィラグリンといったNMF(天然保湿因子)の素。また、水分をキープするセラミドやコレステロールなど、表皮の隙間を埋める脂質が生まれます。このおかげで肌は潤うことができ、肌を守るためのバリア機能も上手に働くのです。

 

肌の構造

そしてこの細胞たちは最後には垢としてはがれ落ちます。これらの仕組みが肌のターンオーバーというものです。日焼けや乾燥、怪我をしても細胞が入れ替わっているので私たちは綺麗な肌に戻ることができるのです。

これらの細胞の作る力やスピードが弱まり、遅くなったりするのが「老化現象」と呼ばれるものです。老化現象、なんて恐ろしい響きなのでしょうか。

しかも、恐ろしい響きを持ったこの老化現象、避けて通ることはできません。生き続けることは老いることでもあります。
ですが、諦めてはいけません! 避けることはできませんが、遅くすることや弱める方法がちゃんとあります!

その方法と対処の仕方について、もう少しお話したいと思います。

 

ターンオーバーとは細胞の生まれ変わりということがわかりました。老化現象をこれ以上進めない、遅らせるためにはどうしたらいいのでしょうか。

女性というもの、いつまでも若々しく美しくいたいですよね。私もそう願わずにはいられない一人です。
そこで、ターンオーバーの仕組みを知った次に行うこと。それは「ターンオーバーを行うための細胞を元気にすること!」です。ターンオーバーをしてくれるものは肌の一番下にある基底層が生んだ細胞です。

その細胞が28日かけて押し上げられ、最後には剥がれ落ちる。これがターンオーバーの仕組みでしたね。ターンオーバーをしてくれる細胞が元気じゃないとその周期は乱れ、肌のバリア機能も弱まってしまいます。そしてついには肌全体の不調になり、老化現象が進んでしまいます。そうならないためにも細胞を元気にして、さくさくターンオーバーしてもらいましょう!

 

細胞を元気にするために大切なことは「食事」です。お肌にはビタミンCとよく耳にしますが、肌の細胞を作るのは実はたんぱく質です。カロリーが高いからと言ってお肉を食べなかったり、ダイエットのためと言って野菜やフルーツしか口にしない女性がいますが、それは大きな間違い。お肌が悲鳴をあげてしまいます。たんぱく質を摂らないと肌だけじゃなく髪の毛や爪までもパサパサしてひび割れてきてしまいます。

もちろんお肉ばかり食べればいいというわけでもありません。いろんな栄養をいろんな食材から摂ることが大切です。肌に良いからと言ってビタミンばかり摂っていても美肌になれるわけでもないのです。細胞の材料になるたんぱく質、それを肌に変えるためのエネルギーになる炭水化物、肌の調子を整えるビタミンミネラル

嫌われがちな脂質もお肌の潤いの材料になります。無駄なものなんて何もなく、これらの栄養をバランス良く摂ることがとても大切なのです。

 

栄養素の働きについてもう少しお話しますね。

 

炭水化物:まずはお米やパンといった人間の主食である炭水化物。炭水化物は私たちにとって大切なエネルギーの源です。体内の熱を作り体や脳の働きをしてくれます。炭水化物が不足すると、エネルギー不足になり、痩せにくくなってしまいます。

カロリーを摂りすぎると太ってしまいますが、足りなさすぎてもいけないのです。エネルギー不足は疲れやすくなってしまい、太りやすい体になってしまうからです。

 

脂質:二つ目は脂質です。脂質というと太るもの、良くないものと思われがちですが不足してはいけない大切なものです。お肌の潤いの材料である「セラミド」は脂質によって作られます。

また、女らしい体や女性ホルモンも脂質の中のコレステロールが素になってきます。嫌われがちな脂質ですが、女性にとって欠かせない栄養です。では、脂質が足りないと、どうなるのでしょうか。まず、肌の潤いを保つセラミドが作られません。お肌ぷるぷるがなくなってしまいます。しかも、女性ホルモンの分泌が乱れ生理不順にもなってしまう可能性があります。

 

タンパク質:三つ目は細胞の材料、私たちの体を作ってくれるたんぱく質です。体を作ってくれる他にも免疫力を高めたり、コラーゲンなどを作る材料にもなります。こんなにも大切なたんぱく質。不足すると、体全体の老化現象が進んでしまいます。

「きれい」と言われる体の部分、髪の毛、肌、爪、全てたんぱく質でできています。たんぱく質が足りないと抜け毛が増え髪はパサパサ、肌の潤いと乾燥不足でシワシワ、いつも割れてしまう爪。こんなの悲しすぎますよね。

 

この三つが三大栄養素と呼ばれるものです。この三つを過不足なくバランス良く摂ることが元気な細胞を作ります。

つまり健康的なターンオーバーを行い、老化現象を遅らせる一番の近道なのです。そしてビタミン、ミネラル、食物繊維。この「副栄養素」と呼ばれる栄養は三大栄養素の代謝を助けてくれる栄養たちです。三大栄養素だけを摂っていてもいけません。三大栄養素と副栄養素。全てをバランス良く摂り健康的な体を作ってターンオーバーを促し、いつまでも若々しく綺麗な姿でいたいですね。

食事の大切さについてはまたこれからも大きな課題となると思います。これほど人間にとって「食べること」が大切で、「美」に直結していることなのです。

 

ターンオーバーにとって「睡眠」、「運動」もとても大切な要素です。良い肌は良い睡眠中に作られるものです。肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時~2時の間はゆっくりと体と肌と心を休め、次の日に備えたいものです。ストレス社会で働く私たちにとってこの時間に眠りについているというのは難しいかもしれません。せめて、短くても質の良い睡眠を摂るように心掛けたいものです。

良質な睡眠を摂るために必要なことは、リラックスすることです。ストレスを抱えたまま眠ってしまっても、質のいい睡眠が摂れません。

リラックスをするためにアロマオイルを焚いたり読書をしたり心穏やかに過ごすことが大切です。私もベッドに入る二時間前くらいからはパソコンや携帯電話を触ることをできるだけ避け、ゆったりとした時間を過ごすことを心がけています。

何かストレスを感じた時、嫌なことがあった時はそれらを全て紙に書き出してしまうことも効果的です。私はよくそうしています。人に言えないようなひどい言葉、恨み、怒り。全て紙に書いてしまうと心の中のモヤモヤが晴れ、ゆっくりと眠ることができるのでオススメです。

ターンオーバー 睡眠

また適度な運動をすることで体の細胞を活性化させ、老化現象を遅らせ、さらにストレス解消にもなります。始めるまでは面倒くさく思ってしまいますが、なんとか運動を習慣にしたいものです。

第1章ではターンオーバーの仕組みをお話させていただきました。第2章ではターンオーバーが遅くなるとどうなるのかを詳しくお話します。

 

第2章

肌のターンオーバーが遅くなるとどういう弊害が?

さて第1章では、ターンオーバーの仕組みを説明させていただきました。第2章ではターンオーバーが遅くなるとどんな悪いことがあるのか、お話させていただきます。

肌のターンオーバーというものは年齢とともに日数がどんどん増えていきます。20代のころは理想通りの28日だったのに30代、40代になるにつれて40日、45日、と長くなってしまいます。

 

ターンオーバーが遅くなると、なかなか新しい細胞に生まれ変わることができず、細胞たちの力が弱まってしまいます。表面には古い角質がいつまでも敷き詰められている状態です。新しくできた細胞が表面になかなか出てくることができずに、古い角質が剥がれられないのです。そのため肌の表面がゴワゴワしたり、潤いが足りない、くすんでいる、と感じたりします。さらには傷の治りが遅くなったり、シミができやすくなってしまいます。

こんなにも悪いことがあるターンオーバーの遅れ。その原因、それは加齢です。こればっかりはどうすることはできませんよね。でも、対処法がきちんとあります!

 

第1章でお話した、食事、睡眠、運動。全身の代謝を上げることがとても大切です。また血液の循環がうまくいかなくなると、これも細胞にとってよくありません。細胞が衰えてしまうのです。

規則正しい生活を行い、バランス良く何でもいただき、よく動き良く眠る。健康的な生活は肌にとっても良いんですね。
血液の循環をよくするために、お風呂にゆっくり浸かるということも効果的です。お風呂はストレス解消にもなるので一石二鳥ですね。
また、スキンケア商品を使って外側からケアすることも大切です。このことに関しては第三章でお話させていただきますね。

それなら、ターンオーバーは早ければ早い方がいいの? ということになりますが、そういうわけでもないようです。例えば、できあがった細胞が成長しきらないまま表面にでてきてしまうとします。すると、自分を守るためのバリア機能が弱いためトラブルが起こりやすくなってしまうのです。紫外線や刺激の影響を受けやすくなってしまっているためです。
早すぎても遅すぎてもいけないターンオーバー。上手に付き合っていつまでも綺麗なお肌にしてもらいたいですね。
第3章では早すぎても遅すぎてもいけないターンオーバーの整え方についてお話させていただきます。

 

第3章

肌のターンオーバーを整えるには?

さて、第2章でターンオーバーが早すぎても遅すぎてもいけない、というお話をさせていただきました。第3章ではその整え方のお話をさせていただきます。

ターンオーバーの原因は加齢です。こればっかりはやっぱり仕方のないことです。ですがきちんとしたお手入れで28日周期という理想に近づけることはできるのです!

ターンオーバーのサイクルを下げないためには、まずは肌の表面の角質を取り除くことが重要になってきます。少し肌がザラザラしているな、ゴワゴワしているなあと感じたら角質ケアのピーリングやスクラブをしてみるのも一つの方法です。25歳を過ぎたら角質ケアもスキンケアに取り入れてもいいかもしれませんね。この時にできるだけ自分の肌にあったものを選ぶことが大切です。肌にのせた時に痛かったり痒みがでたら絶対に無理をせず中止しましょうね。

またこの角質除去、やりすぎたらだめなんです。古くなっているとはいえ肌を削っているわけですから、肌への負担は思ったよりも大きいものになっています。できることなら角質除去は最後の手段にしておきたいところです。

 

角質除去以外で整える方法、それは第一章でも第二章でもしつこいくらいお話している「生活を整える」ということが一番大切です。規則正しい生活を送り、バランスのいい食事を摂り、良く動き良く眠る。人間にとって大切なことは肌にとっても大切なことなんです。
ですが毎日忙しい、現代を生きる女性たち。なかなか理想通りの生活を送ることは難しいですよね。私も寝る直前まで携帯電話を弄ってしまったり、ストレスが溜まってお菓子を食べ過ぎて後悔してしまうこともよくあります。

それなら。きちんとした生活を意識しながらも、スキンケア用品の力を借りちゃいましょう。化粧水、美容液、乳液、保湿液、ナイトクリームなどなど。女性の味方はたくさんいます。肌にとって大切なのは「保湿」! 角質除去をしなくても保湿するだけで肌の調子が良くなることも珍しいことではありません。

そして普段の生活を少し意識するだけでもスキンケアのパワーはぐっと強まり、肌にぐんぐんと栄養が染み渡るのを感じるのではないでしょうか。
無理をせず自分のペースでターンオーバーと付き合い、綺麗な肌を保ちたいですね。

yajirusi ≫≫≫ 保湿にとても良い基礎化粧品

yajirusi≫≫≫ 保湿で、ほうれい線や乾燥肌をなくす化粧品です!

 

まとめ

ターンオーバーの仕組みについて、いかがでしたか?ターンオーバーの大切さ、私自身とても勉強になりました。
肌を大切にすることは生活を整え、栄養、睡眠、運動といった基本的なことを行うということでしたよね。このことから私は、肌を大切にするということは自分自身を大切にするということなんだろうなあと感じました。

ストレスにまみれた現代を生きる女性たち。毎日を懸命に生きるその体は疲れきっているのかもしれません。肌を守り、いつまでも綺麗でいるということ、生活を整えるということ。それは自分自身を大切にするということではないでしょうか。

毎日頑張っている自分自身に、「お疲れ様」という意味を込めておいしいものをバランス良く食べ、軽い運動でストレスを解消する。そしてお風呂に入りリラックスして、たっぷりとクリームを塗り、ぐっすりと眠る。そんなご褒美を毎日続けてあげてもいいかもしれませんね。

 

関連記事

五條の霧水

五條の霧水で肌荒れが治った。ライトはアトピーにも、ベーシックはしっとり

  2002年10月、一人でも多くの乾燥肌の方や、あかぎれ、手荒れ等で苦しん

記事を読む

ドモホルンリンクル 化粧品 評価

ドモホルンリンクル化粧品の私からの評価。高いけれど・・・

35歳専業主婦の方の投稿です。 子供が生まれて数年の間は、ほとんど自分に時間をかけるこ

記事を読む

スキンケア 何 も しない

化粧品は使わない方が良い?スキンケアを何もしない効果とは?

「化粧品を使わないと肌が老化する」「化粧品がないと絶対ダメ」こんなふうに思っていませんか。

記事を読む

身体 内側からキレイ

身体の内側からキレイにして、基礎化粧品を見直し、肌トラブルも軽減

  そもそもダイエット目的で、スムージーを飲むことを始めました。 いろいろ

記事を読む

美肌 なりたい

美肌になるには基本は保湿!理由と方法!この化粧水ですべすべ!

  美肌になりたい!皆さんそう思います。美肌の基本は保湿です。 保湿肌にと

記事を読む

お金をかけずに肌を綺麗に

お金をかけずに肌を綺麗にする方法!精製水・冷水・ワセリン

皆さんは化粧水などにいくらお金を使っていますか? 高いものからリーズナブルなものまで色々と

記事を読む

若い頃 肌 ケア

若い頃の肌のケア方法を教えて下さい。きれいでいられる秘訣は?

  若い頃のお肌は、ハリとツヤがあって美しいもの。それが年齢を重ねるとともに

記事を読む

インナードライ 原因

インナードライの原因と改善!スキンケアのおすすめはこれ!

暑い季節、お肌のてかりやべたつきが気になりますね! 「何だか脂っぽいから、こまめに洗顔して

記事を読む

肌ラボ 肌荒れ

肌ラボの白潤で夏の肌荒れ対策を!ビタミンc誘導体配合です!

  夏になると、汗で肌もべたつきますし油分の分泌量も増えてニキビもできがちな

記事を読む

ドモホルンリンクル 化粧品 評価

簡単で安いスキンケア方法のホットタオル美容法とは?

  美容は女性ならどの年代でも興味があると思います。しかし、若いときと30代

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 【ほうれい線訴求】アヤナストライアルセット
PAGE TOP ↑