若い頃の肌のケア方法を教えて下さい。きれいでいられる秘訣は?

公開日: : 最終更新日:2016/07/17 スキンケア

若い頃 肌 ケア

 

若い頃のお肌は、ハリとツヤがあって美しいもの。それが年齢を重ねるとともに、シワやシミが出たり、たるんだり。
でも、「あの人って本当にそんな年なの!?」と驚いてしまうほど若く見える人がいます。内面からの輝きはもちろんのこと、若く見える女性はお肌も美しい場合が多いようです。若い頃にどんなスキンケアを心掛ければ、美しい肌をキープし続けられるのでしょうか?

 

第1章

若い頃の肌のケア方法を教えて下さい。

きれいな若い肌をキープし続けるためには、高い化粧品を使ったり、エステに通ったり、各種のサプリメントを摂取したり、なんだかお金がかかりそうなイメージがあります。とはいえ、スキンケアにばかりお金をかけるわけにもいかないし、面倒なステップのお手入れは長続きしそうにありません。

若い頃の肌のケアで大切なのは、実は意外にシンプルな方法です。

1、徹底した紫外線対策

2、お肌のゴールデンタイムに睡眠をとる

3、保湿のためのシンプルなスキンケアを続ける

この3つです。

 

特に気を配りたいのが、徹底した紫外線対策です。UVケアを制するものは美肌をも制する! 「美肌=UVケア」くらいの心積もりで紫外線対策を行いましょう。
紫外線対策といえば、春先の日差しが強くなってきた頃から日焼け止めや日傘を使い始めて、秋冬にはお休みという人が多いもの。でも、寒くなって空気が乾燥する季節には、お肌も乾燥してバリア機能が低下しています。そんな状態で、お肌の水分を蒸発させてしまう紫外線を浴びると、お肌の状態がより乾燥に傾き、シワなどの肌老化につながっていきます。
季節を問わず年間を通じて紫外線対策に気を配ることで、年齢を重ねたときの肌の美しさに違いが出てきます。

 

次に睡眠について考えてみましょう。「お肌のゴールデンタイム」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか? 成長ホルモンの分泌が1日で特に盛んな時間帯のことをいい、午後10時~午前2時を示します。この時間帯に睡眠をとると、お肌や体の調子が上向きになるといわれています。

とはいえ、勉強や仕事、家事、育児に追われる現代の女性にとって、夜10時にベッドに入るのは難しいもの。そんな場合でも、自分の生活スタイルにあった正しい生活習慣を身に付けることで、良質な深い眠りにつくことができます。成長ホルモンの分泌が活発になるのは、眠り始めの3時間だといわれています。
良質な眠りをとるために、寝る3時間くらい前には食事を済ませ、ぬるめのお風呂に入り、パソコンやスマホの画面から離れて、自然な眠気がきたところでベッドに入ることから始めてみましょう。

睡眠 ゴールデンタイム

若い頃のお肌のケア方法として3つ目に大切なのが、保湿に重点を置いたスキンケアを毎日休まずに行うことです。毎朝毎晩、洗顔後に行うお肌のお手入れ。文字通り、自分の手でお肌を触り続けていくうちに、自分の肌の状態が分かってきます。毎日のお手入れで潤いたっぷりの美肌を手に入れるためには、どのようなお手入れが必要なのでしょうか?

 

第2章

肌がきれいて若くいられる方法は?

お肌がくすんだり、シワが出たりするのは、肌の老化が原因です。人間誰しも、生まれたときから徐々に身体機能は衰えていくもの。当然、肌が老化していくのも自然なことです。とはいえ、いくつになっても「肌がきれいでいつも若いですね」と言われる人は確かに存在します。人によって肌の老化に差があるのだとしたら、肌老化を遅らせるための方法を知って、若い頃から正しいお肌のケアを取り入れたいところです。

大前提として最も大切なのは「生活習慣を改める」ということです。どんなに高いスキンケア商品を買って使ってみても、基本的な生活習慣が乱れていては、期待する効果はなかなか得られません。若い女性によくみられる生活習慣として、喫煙、過度の飲酒、睡眠不足に心当たりがある人も多いのではないでしょうか? これらはどれも、美しい肌にとっては百害あって一利なし。未来の輝く美肌のために、まずは毎日の生活習慣を見直しましょう。

 

基本的な生活習慣が整ったら、日々のスキンケアの威力が存分に発揮され始めます。自分の肌のタイプを見極めて、保湿に重点を置いたスキンケアを行うことが若い肌を保つための近道です。若いきれいな肌を保つためには、一にも二にも保湿が大切。高級なクリームや美容液に手を出す前に、エイジングケアの基本アイテムとしての「化粧水」に注目してみましょう。

若い頃 肌 ケア

人の肌の水分量は、生まれたときがピークだといわれています。そこから徐々に減少し続け、20代の後半くらいからは油分量も低下して、お肌は乾燥しがち。乾燥した肌に現れるのがシミやシワなどの老化のサインです。つまり、20代であっても、エイジングケアに注目して潤い成分のたっぷり入った化粧水を選ぶことがお肌の老化対策に有効です。
ヒアルロン酸やコラーゲン、尿素やライスパワーNo.11エキスなど、さまざまな保湿成分を含んだ化粧水が世に出ています。

まずはサンプルなどでお肌との相性を確かめて、いま現在の自分の肌に合った化粧水を見つけます。化粧水は、お肌の状態や年齢によって、その都度見直しが必要なもの。お肌の調子がいつもと違うなと思ったら化粧水を変えてみるのも、若くて美しいお肌をキープするためのひとつの方法です。

 

第3章

肌が若くいられる秘訣は?

私たちが人の肌を見て、「若い」と感じる要因は、大きく分けると「シワやたるみのないハリのある肌」と「シミのない白い肌」といえるでしょう。「色白は七隈(七難)隠す」というように、透明感のある色白の肌は若さの代名詞。しっとりと潤った肌は、シワやシミを遠ざけます。保湿成分たっぷりの化粧水を使った朝晩の保湿ケアが、若い肌を保つための秘訣。十分な保湿で、シミのない白い肌をキープします。

 

化粧水を浸透させるためのキーワードとしてよく聞かれるのが「パッティング」。手のひらでする人もいれば、化粧水を含ませたコットンでする人もいます。その名のとおり、肌に叩き込むようにして化粧品を付ける方法が「パッティング」。コットンで叩き込むことで血行改善効果が見られる一方で、お肌の表面にある角質層に負担がかかる場合があります。
角質層の薄さはわずか0.02mm。とても繊細です。繊維のあるコットンで繰り返しパッティングするのは、お肌の負担を考えると避けた方が良いかもしれません。

お肌に負担をかけずに保湿するためには、ハンドプレスがおすすめです。化粧水の保湿効果を高めるために、手のひらで顔を覆うようにして優しくお肌を押さえながら化粧品を付ける方法です。自分自身の手で優しく触れながら、お肌と対話するようにして、十分に潤った健康な状態へと導いていきます。

スキンケア ハンドプレス

ポイントは「温めて」「優しく」「ゆっくり」行うことです。清潔な手のひらにとった化粧水をこすりあわせるようにして温めたら、顔全体に優しく伸ばします。パタパタとパッティングしたくなるところですが、額や目元、頬やフェイスラインなどをじっくりと包み込むようにして押さえていきます。肌が温かいなと感じるくらいに、ゆっくりと行うのがポイント。1回だけでなく、お肌の潤いを感じるまで繰り返し行います。
細かいシワが出がちな目元や口元には、繰り返し重ね付けしていきます。皮膚が薄い部分は特に優しく触れるように注意して。十分に潤ったら、乳液などで油分を補いましょう。

 

まとめ

年齢を重ねてもきれいな若い肌を保っている人は、
1、UVケア
2、良質な睡眠
3、徹底した保湿
に気を配っています。

逆に言えばこの3点に気を付ければ、若くハリのある素肌をキープできるということ。

年齢を重ねても人に羨ましがられるような若い肌をキープするために、日々のケアをコツコツと続けていきましょう。

yajirusi保湿は、モデルさんたちから大人気のこの化粧品!

関連記事

ストレス 肌 大敵

ストレスは肌の大敵! 肌のケアに限界を感じたら温泉施設へ

  33歳、営業職の女性の投稿です。 長年社会人生活を続けていると、本

記事を読む

ドモホルンリンクル 化粧品 評価

ドモホルンリンクル化粧品の私からの評価。高いけれど・・・

35歳専業主婦の方の投稿です。 子供が生まれて数年の間は、ほとんど自分に時間をかけるこ

記事を読む

五條の霧水

五條の霧水で肌荒れが治った。ライトはアトピーにも、ベーシックはしっとり

  2002年10月、一人でも多くの乾燥肌の方や、あかぎれ、手荒れ等で苦しん

記事を読む

美肌 なりたい

美肌になるには基本は保湿!理由と方法!この化粧水ですべすべ!

  美肌になりたい!皆さんそう思います。美肌の基本は保湿です。 保湿肌にと

記事を読む

ドモホルンリンクル 化粧品 評価

簡単で安いスキンケア方法のホットタオル美容法とは?

  美容は女性ならどの年代でも興味があると思います。しかし、若いときと30代

記事を読む

ココナッツオイル

ココナッツオイル 肌の保湿や美白には100%天然のこのオイル

  季節や体調によって変化する、女性のデリケートなお肌。スキンケアに何を使っ

記事を読む

初めてのスキンケアの方法と注意点! 基礎化粧品は何を選ぶ?

美しい肌のために欠かせないスキンケア。 初めてのメイクと同時にスキンケアを始めるという人も

記事を読む

インナードライ 原因

インナードライの原因と改善!スキンケアのおすすめはこれ!

暑い季節、お肌のてかりやべたつきが気になりますね! 「何だか脂っぽいから、こまめに洗顔して

記事を読む

顔くすみ なぜ

顔のくすみはなぜ?改善する食べ物と化粧品で肌が明るく!

  夏は紫外線も強い上クーラーなどで乾燥しがちでお肌に大敵な季節ですよね!

記事を読む

40代の肌荒れ

40代の肌荒れの原因と肌の手入れの方法、化粧品の選び方は?

なんとなく、肌のハリが失われてきたと感じることが多い40代。 身体の新陳代謝は落ち、肌のタ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 【ほうれい線訴求】アヤナストライアルセット
PAGE TOP ↑