30代女性の肌悩みとトラブルに対しての30代からのスキンケア。

公開日: : 肌の悩み

30代女性 肌 悩み
30代になると、20代のころにはなかったエイジングサインが表れてきます。
以前は気にならなかった肌トラブルに気がつくことも増えるのではないでしょうか。
肌をきれいに保つコツは、年齢にあわせたケアをすることです。

30代の肌は20代とは違うので、30代の肌にあったケアをしましょう。

 

 

30代女性の肌の悩み。肌トラブルとは?

30代になって表れる肌トラブルには、以下のようなものがあります。

・シミ
紫外線を浴び続けた結果、そのダメージがシミとなって表れてきます。ホルモンバランスもシミの原因です。
・くすみ
肌のターンオーバーは約28日周期です。しかし、年齢を重ねるとともに周期が遅くなります。ターンオーバーが遅れると古い角質が蓄積をして、どんよりくすんだ印象になります。
・シワ
加齢によるコラーゲンの減少や紫外線の影響でシワができます。

 

シミのケア方法

メラニンが蓄積をすることでシミができます。シミの一番の原因は紫外線です。
無防備に紫外線を浴び続けると、メラニンの生成が促されてシミの原因となるので、紫外線対策をしてシミの予防をしましょう。

紫外線対策のために日焼け止めを塗っていると思いますが、その塗り方では紫外線をしっかり防げていない可能性があります。

紫外線を防ぐためには、たっぷりの日焼け止めを塗る必要があります。

SPF測定法では、1平方Cmあたり0.2mg塗るように定められています

顔全体に塗るには800mgほどが必要です。ローションタイプなら500円大位の量になります。

 

普段こんなにもたくさんの量は塗っていないのではないでしょうか。たっぷりと塗らないと紫外線をきちんと防げないので、使用量を守って塗りましょう。

日傘や帽子も活用するとさらに安心できます。黒い色のものやUVカット加工されているものに、高い紫外線カット力があります。

すでにできてしまったシミはビタミンC誘導体でケアをします。

ビタミンC誘導体にはメラニンを薄くする働きがあり、すでにできてしまったシミを薄くすることが期待できます。
また、メラニンの生成を抑制する働きもあるので、これからできるシミの予防にも役立ちます。

 

くすみのケア方法

何が原因でくすみができているのか考えてみましょう。

 

血行不良の場合は、入浴や運動で血流をよくすることが効果的です。

30代は仕事や育児で忙しく、シャワーだけでお風呂を済ませている方もいるのではないでしょうか。
夏場でもクーラーで体の芯は冷えているので、湯船に浸かって体を芯から温めましょう。

忙しいと運動をする時間をとりにくいですが、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を利用する、一駅分歩くなどして、少しでもいいので運動量を増やすだけでも違います。

 

古い角質が蓄積してくすんでいる場合にも、血行をよくすることが効果的です。
血行が悪くなると、肌に必要な酸素や栄養素が行きわたらず、肌代謝が落ちてしまうのです。

ピーリングをするのもよいでしょう。
ピーリングには古い角質を柔らかくしてはがす働きがあります。

AHAやサリチル酸などのピーリング成分が配合された石けんで洗ってください。ピーリングを頻繁に行うと肌が乾燥をするので、週に1回までにしましょう。ピーリング後には保湿ケアをして肌を保護します。

 

 

 

シワのケア方法

シワの原因の約70%が紫外線の影響といわれています。
紫外線を浴びると肌が乾燥をしたり、コラーゲンやエラスチンが変性をするのです。

シワを防ぐためには、紫外線対策が大切になります。日焼け止め、帽子、日傘などを活用して紫外線対策をしましょう。

シワの原因の一つが乾燥です。肌が乾燥をするとキメが乱れて、肌表面にシワができます。乾燥しやすい目元や口元にできやすいです。
乾燥が原因の小ジワは保湿ケアをしましょう。ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、NMFなどに保湿作用があります。

化粧品でケアをするときには肌をこすらないようにしてください。肌をこすると摩擦の刺激でシワができやすくなります。

 

小ジワを放置していると大ジワになることがあります。また、紫外線の影響や加齢によってコラーゲンやエラスチンが減少をしても大ジワができます。
大ジワはセルフケアでは改善が難しいですが、シワが悪化しないように保湿ケアと紫外線対策をしてください。

 

食事でもシワの予防・改善に役立ちます。
コラーゲンの生成には、タンパク質、ビタミンC、鉄分が必要です。
コラーゲンが生成されることで、ハリのある肌に近づきます。

 

女性は毎月生理があることや、ダイエットで食事バランスが崩れているため、鉄分が不足しがちです。
特に鉄分は意識して摂取をするとよいでしょう。

鉄分が多い食品は、レバー、かつお、あさり、卵、ほうれん草などです。
植物性食品に含まれる非ヘム鉄は吸収率が低いのですが、ビタミンCやクエン酸と一緒に摂取をすると吸収率が高まります。

抗酸化作用があるビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどを摂取することは、シワの原因と考えられる活性酸素を消去してくれます。

 

30代女性の肌の悩みのためのスキンケアのまとめ

30代女性の肌に使うスキンケアは、手っ取り早く化粧品ではなく、まずは上記の栄養を摂ってください。

その上で化粧品は、補助的に使うという考えで。

なるべく肌に刺激を与えずに、保湿を!が基本だと思います。

 

肌に刺激を与えない!⇒オールインワンゲルが理想です。

一度に「保湿」×「美白」を!

ホワイトニング リフトケアジェル
 

関連記事

顔 乾燥肌

顔の乾燥肌でかゆみがある!6つの原因とそれぞれの治し方。

季節の変わり目や、秋や冬場によく見られる肌の乾燥。 乾燥が強くなると、肌の弾力性がなくなり

記事を読む

目の下のクマ

目の下のくまの原因は?治す方法と毎日のスキンケア。

ふと鏡に写した自分。仕事終わりに何気なく見た電車の窓に写る自

記事を読む

産後の肌荒れ

顔の赤み かゆみ 乾燥の原因は?抑えるには?治すには?

お風呂上り、肌が渇いて突っ張る感じがする… そんな経験ありませんか? 放っておくとかゆく

記事を読む

顔の毛穴の開きや角栓づまりに悩んでいます。

28歳、女性、フリーター、ひどい脂肌の人の悩みです。 顔面中の毛穴の開き、角柱づまりにずっ

記事を読む

そばかすをメイクで消す5人の方法!目立たなくしたい!厚塗りはイヤ!

そばかす美人!と言われることも有りますが、やはり白い肌にはあこがれるもの。手っ取り早くそばかすをメイ

記事を読む

インナードライ肌 改善

インナードライ肌を改善方法 洗いすぎない・水分補給・蓋をする

オイリー肌、ドライ肌、混合肌と肌質には幾つか種類がありますが、中でもスキンケア方法が難しいの

記事を読む

肌 ブツブツ 赤い

肌のブツブツと赤みとかゆみが治らない方!治った薬は?

  私は現在26歳の女で専業主婦をしています。 肌質はアトピー肌で敏感

記事を読む

40代 たるみ 改善

40代の肌のたるみの原因は?改善方法と化粧品の選び方

女性ならいくつになっても若々しく綺麗なままでいたいですよね。 しかし、現実は同じ40代でも、若く見

記事を読む

目の下のクマ

目の下のクマが消えないで悩んでいます。アトピー性皮膚炎です。

目は口ほどにものを言い!と言いますが、目の下のクマは、顔全体が暗くなり、健康的に見えずに年齢

記事を読む

顔 シミ ほくろ 消す

原因不明の肌荒れとかゆみ、改善はステロイド?スキンケアは?

  33歳女性、職業は教員をしています。 肌質は、鼻や額にテカる部分があり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 【ほうれい線訴求】アヤナストライアルセット
PAGE TOP ↑