白い肌になる方法! 透明感のある美肌になる3つの方法とは?

公開日: : 最終更新日:2017/08/08 美白

白い肌になる方法
ハリのある健康的な肌や、透明感のある白い肌は、多くの女性の憧れです。美しい肌を作るためには、日々の食事に気を配ることと、美白成分の入った化粧品を使うことが大切です。どんなことに気をつければ良いのか、白い肌になる方法を栄養素や食事・化粧品の成分で調べてみました。

 

 

★第1章

白い肌になる方法!まず必要な栄養素は?

健康的な美しい肌の人の生活週間に注目してみると、次のような特徴が見られます。
・質の良い睡眠を心がけている
・食事の質と内容に気を配っている
・適度な運動習慣がある
・ストレスとの付き合い方が上手

なかでも食事に関しては、美肌の人の食事を参考にして改善することができそうです。

美しく白い肌になるために、まずは食事で摂取できる栄養素の働きに注目したいと思います。

 

美肌作りの三本柱は「βカロテン」「タンパク質」「ビタミンC」

美しい肌を作るためには、様々な栄養素をバランスよく摂取することが大切です。なかでも美しい肌作りに欠かせない栄養素がこの3つです。

・βカロテン

抗酸化作用の高さが注目される栄養素。体
の中に入ると「ビタミンA」として働き、皮膚や粘膜を強くする働きがあります。肌荒れや老化予防に効果があり、肌の潤いを保つのに大切な成分です。

【βカロテンが豊富に含まれる食べ物】
鶏レバー、ウナギ、モロヘイヤ、ニンジン、カボチャ、春菊など

・タンパク質

皮膚や髪、爪など、体を作る材料になる大切な栄養素。ダイエット中に肌が荒れたりするのは、タンパク質不足による場合が少なくありません。
美肌といえばビタミン摂取と考えがちですが、肌そのものを作るタンパク質をしっかり摂取することが欠かせません。

【タンパク質が豊富に含まれる食べ物】
肉、魚、卵、乳製品(牛乳・チーズなど)

・ビタミンC

美白や保湿といえば「ビタミンC」。メラニン色素が作られるのを防止して、シミ予防の手助けをしてくれる栄養素です。
抗酸化作用の高さから、アンチエイジング効果も期待されています。
注意したいのは、まとめ摂りができないこと。必要以上に摂取すると、尿として体外に排出されてしまいます。日常的に少しずつ適量を摂取するようにしましょう。

【ビタミンCが豊富に含まれる食べ物】
パプリカ、菜の花、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ、ピーマンなど

 

白い肌に効果的な栄養素

「βカロテン」「タンパク質」「ビタミンC」は、肌作りに必要な三大栄養素。これに加えて、美白効果や抗酸化効果が期待できる栄養素を積極的に取り入れることで、白い肌への第一歩を踏み出せます。

ビタミンE

活性酸素を除去する働きがあるといわれている栄養素。皮膚の新陳代謝を高めて、ターンオーバーを促進してくれることから「若返りビタミン」とも呼ばれています。
【ビタミンEが豊富に含まれる食べ物】
ナッツ類、アボガド、エゴマなど

L-システイン

美白効果をうたうサプリメントなどに含まれている成分。メラニンの過剰生成を防ぎ、新陳代謝の働きを高めて、透明感のある肌に導きます。
【L-システインが豊富に含まれる食べ物】
大豆、小麦胚芽、ハチミツなど

リコピン

トマトの代名詞ともいえる栄養素。近年の研究で、メラニン生成抑制やコラーゲン生成の促進、日焼け予防、角質層状態の改善など、さまざまな美肌効果が見つかっています。
【リコピンが豊富に含まれる食べ物】
トマト、スイカ、柿、トマトケチャップなど

 

★第2章

白い肌になるために摂りたい食事は?

白い肌に必要な栄養素を摂るために、食事内容から見直してみませんか? ポイントは、1週間でできるだけ様々な種類の食材を食べること。いろんな食材から栄養素を取り入れましょう。

 

手軽にパスタで栄養摂取

【サーモンとアボカドのオイルパスタ】
サーモンは、美白効果と抗酸化力が高いアスタキサンチンを豊富に含む食材。美肌を目指す人には、是非積極的に食べてほしい食材です。またアボカドは、ビタミンCとビタミンEが豊富です。

美肌のための献立も、続けることができなければ意味がありません。手に入りやすいスモークサーモンと、火を入れなくても食べられるアボカドを使って作るのが、このメニューのポイントです。

<作り方>
パスタをゆで始めます。

サーモンとアボカドを適当な大きさに切ります。

調味液を混ぜます(オリーブオイル、バルサミコ酢やレモン汁、塩コショウ)

ゆでたパスタ具材をあえれば出来上がり。

パプリカやクリームチーズなどもよく合うので、冷蔵庫にあれば一緒にあえてみて。

 

セラミドは食事でも摂れる!

【ひじきとコンニャクの煮物】
セラミドは様々な食べ物にも含まれていることをご存知ですか? コンニャクやしらたきの他、ひじきや黒豆などの黒い色の食べ物にも含まれています。
そこでおすすめなのが、和食の定番「ひじきとコンニャクの煮物」です。日持ちするので常備でき、卵焼きに入れて焼いたり、ご飯に混ぜたり、日々の食事献立を彩ってくれる一品です。
ポイントはコンニャクを入れること。しらたきにもセラミドが含まれていますので、お好みで使い分けてみてください。

<作り方>
ひじきを戻して水気を切る

ニンジンやレンコン、油揚げなどがあれば小さめに切る

こんにゃくをゆでて細く切る

油をひいた鍋で材料を炒める

だしを加え、砂糖やしょうゆなどの調味料を加えて煮る。

 

美肌といえばコラーゲン

【手羽元のスープ煮】
良質のタンパク質やナイアシン、コラーゲンが豊富に含まれる食材として知られる鶏手羽元を使って、栄養素をまるごといただけるスープ煮にするのはいかがでしょうか。

βカロテンを含むニンジンや、ビタミンC豊富なブロッコリーなども一緒に煮て、スープに溶け出した栄養素まで余すところなくいただきましょう。

<作り方>
野菜を切る

鶏手羽元を焼き色がつくまで炒める

野菜を加えて炒める

コンソメスープ・ローリエを加えて、アクを取りながら煮込む

塩・こしょうで味を整えて出来上がり。

 

★第3章

白い肌になるための化粧品選び

食生活が整うと、スキンケアの効果が出やすくなります。

白い肌になるためには、効果的な成分が含まれた化粧品を使うのが効果的。

化粧品を選ぶ上で、特に注目したい成分について調べてみました。

 

ハイドロキノン

近年大注目の美白成分、「ハイドロキノン」。シミの原因となるメラニンの生成を阻害し、メラニン色素を作り出す細胞そのものに働きかけます。

シミ予防にも効果的
ですが、なんといっても今あるシミを薄くする働きがあるというのが最大の特徴です。

 

セラミド

美白を目指すうえで大切なのが、保湿成分で肌の潤いを保つこと。
しっとりした肌づくりに効果的なのが「セラミド」の働きです。

美白効果のあるスキンケアアイテムと合わせて、セラミド配合のものを使うことで、ハリのある色白素肌へと導いていきます。

 

ビタミンC誘導体

メラニンの生成を抑え、細胞を活性化させて肌のターンオーバーを整えてくれます
活性酸素を抑制する作用もあり、メラニンが作られる過程に働きかけるため、シミだけでなく肌の老化自体を防ぐことも期待されています。

 

アルブチン

「ハイドロキノン」とブドウ糖が結合したものが「アルブチン」です。肌への刺激が比較的強いハイドロキノンに比べて、アルブチンは肌への刺激が少ないといわれています。

シミの元になるメラニンの発生を抑える働きもあるため、美白成分としてさまざまな美白美容液などに使われています。

 

シコンエキス(紫根エキス)

以前から美白の成分と言われていました。
ムラサキ草の根のことです。だから、化学成分ではなくオーガニックだということです。

やけど跡などの肌の修復の治療に使われていたんですね。
だから肌荒れに良いとされています。

また、「肌のターンオーバー」促進にも。
だから肌が、若返って美白に効果があると言われています。

たくさんの美白化粧品に使われています。

 

人気の美白基礎化粧品

美白には、肌の漂白剤と言われている「ハイドロキノンが一番」
と聞くと怖い気がしますが、まず普通肌の方には、大丈夫な濃度です。
刺激も有りません。
万一、「効果がない」「刺激があった」って方は、365日の返金保証がありますから、まずはトライアルセットでお試しください。

刺激もなく、ハイドロキノン入りのクリームで、喜びの声が多数出ています。
実感したら、リピートです。(98.5%のリピート率)

ハイドロキノンピュアビタミンC配合で、リピート率が98.9%と言われている、

ビーグレン(b.glen)



 

ハイドロキノンで万一、刺激を感じた人、またはもともと敏感肌に方には、こちらの「サエル」がいいですね。
ポーラ・オルビスグループ「DECENCIA」の製品です。だから安心! とにかく「DECENCIA」の化粧品は売れまくっています。
使い心地が良いんですよ^^
敏感肌でも美白ができる!ヒト型ナノセラミドビタミンC誘導体 配合の、ディセンシア(ポーラ・オルビスグループ)のサエル

【敏感肌でも美白はできる訴求】サエルトライアルセット
 

医学雑誌に掲載された「オールインワンジェル」の本格的で、楽なシミ対策化粧品
さらに、たくさんの女性雑誌にも掲載されています。 詳細は下記リンクから!

プラセンタエキスと、シコンエキス(紫根エキス)配合!

ホワイトニング リフトケアジェル
 

白い肌になるためのまとめ

美しい肌を作るためには、食生活を見直し、体の中から整えていくことで、スキンケア成分が効きやすい状態を作っていくことが大切です。

ファストフードやスナックは、手軽な一方でお肌にとって必要な栄養素がほとんど含まれていません。

高価なスキンケアアイテムを試すのであれば、一緒に食生活も見直してみませんか?

 

関連記事

美白化粧品 成分

美白化粧品の成分の効果は?アルブチン等、徹底比較一覧!

  美白化粧品に入っている様々な成分、「見てもどんなものだかよく分からない」

記事を読む

顔 保湿 美白

顔の保湿と美白を一緒にできる?化粧水のおすすめと乳液は?

女性の永遠のテーマである「保湿」と「美白」。綺麗なお肌のための鍵ですよね。この2つはとっても

記事を読む

プラスキレイ 使い方

ハイドロキノン配合のプラスキレイ 透肌美活の使い方の注意

プラスキレイで取り扱っているハイドロキノンクリームは、医療機関でも取り扱われる4%濃度の

記事を読む

肌を明るく

肌を明るく見せる方法!身体の内側からも?化粧品ならこれ!

  夏が終わってやれやれ…と鏡を見たら自分の肌にびっくり!なんて事ありません

記事を読む

美白 アンチエイジング サプリ

美白ケア 効果のあった方法は?悩み解決!普段から・・・

白くて透明感がある肌が理想ですが、長時間外にいることも多く透明感のある肌とは無縁の状態が長く

記事を読む

ハイドロキノン

人気のハイドロキノン配合化粧品は、この2つ! 透明肌への第一歩!

  美白化粧品には「ハイドロキノン」を使っている化粧品が多いです。 他の美

記事を読む

シミウスの成分はどんな効果があるの?お試しで購入してみました。

  コスメにはいつもアンテナ張ってる私。 ホワイトニングと、アンチエイ

記事を読む

顔くすみ なぜ

顔のくすみはなぜ?改善する食べ物と化粧品で肌が明るく!

  夏は紫外線も強い上クーラーなどで乾燥しがちでお肌に大敵な季節ですよね!

記事を読む

そばかすをメイクで消す5人の方法!目立たなくしたい!厚塗りはイヤ!

そばかす美人!と言われることも有りますが、やはり白い肌にはあこがれるもの。手っ取り早くそばかすをメイ

記事を読む

30代女性 肌 悩み

サエル化粧品のレビュー!トライアルで感じた効果。どんな化粧品?

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドDECENCIA(ディセンシア)。 ベーシックケア

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 【ほうれい線訴求】アヤナストライアルセット
PAGE TOP ↑