赤ら顔の悩みの対処方法、色々試してみて結論は!

公開日: : 肌の悩み

男性の赤ら顔の悩みの投稿です。

私は39歳の男性で職業は営業職をしています。

肌質は乾燥しやすい敏感肌です。
肌の悩みは頬が赤くなることです。いわゆる赤ら顔というヤツです。
子供の頃からの悩みで、小学校の頃は気にもしなかったのですが、中学生になった頃から悩むようになりました。

症状としては、頬っぺたの部分だけが毛細血管が浮いたように見えて赤くなります。
頬が赤いと子供っぽい印象に見えてすごく嫌でした。
皮膚が薄い女性に多い症状だと思います。
母も同じように頬が赤いので遺伝したのでしょう。

赤ら顔

 

冬場は特に症状が強くなり、寒い空気の外から帰ってきて暖かい部屋に入ると頬が真っ赤になりました。
皮膚が薄いため、毛細血管が広がる様子が皮膚表面に表れて赤くなるのです。

症状を改善するために色々と試しました。

頬の血行が悪いのではないかと考えて美容クリームでマッサージをしました。
しかし、敏感肌なので、マッサージなどの刺激に弱いのか余計に赤くなって炎症を起こしてしまいました。

 

あるいは、雑誌にクロレラというサプリメントが紹介されていて試してみました。
紹介記事によると、クロレラは毛細血管を強くして血流を良くする働きがあるということでした。
しかし、半年ほどクロレラを飲んでみましたが症状が良くなることはありませんでした。

 

今度は美容クリニックでレーザー治療を受けてみました。
レーザーで肌の血流を良くして肌質を改善することで頬の赤みを薄くするということでした。
保険適用外なので結構な値段を払いましたが、レーザー治療も効果はありませんでした。

 

結局、赤ら顔は治ったり改善したりすることはありませんでした。
原因は皮膚が薄いことにあるのでどうしようもないと思います。

外面的にできることはファンデーションで頬の赤みを隠すことぐらいです。
女性は赤ら顔の悩みを持っている人も多いでしょう。
女性がファンデーションやコントロールカラーを使っているように、自分もそうしています。

 

後は運動をして、食事に気をつけることです。

ランニングをして毛細血管の働きを良くすることで、症状は少しマシになる印象です。

ランニング

食事は糖質の摂取を控えることです。
糖質を多く摂りすぎると血管の柔軟性が失われやすいということです。
確かに、菓子パンなどの糖質の高い食品を食べた時は赤ら顔の症状がキツくなるように感じます。

赤ら顔は体質みたいなものなので完璧に治すことはできないでしょう。
そして、コンプレックスは大人になるにつれて、段々と気にならなくなっていくようです。

 

赤ら顔の対処方法

敏感肌ならば、男性でもスキンケアを試してみては?

 この化粧品!

 

関連記事

そばかすをメイクで消す5人の方法!目立たなくしたい!厚塗りはイヤ!

そばかす美人!と言われることも有りますが、やはり白い肌にはあこがれるもの。手っ取り早くそばかすをメイ

記事を読む

目の下のクマ

目の下のくまの原因は?治す方法と毎日のスキンケア。

ふと鏡に写した自分。仕事終わりに何気なく見た電車の窓に写る自

記事を読む

顔 たるみ

顔がたるんできて悩みは深刻です。美容について研究中!

38歳女性の投稿です。 私は38歳の女性です。今はWEB関係の仕事をしているので、ほとんど1日

記事を読む

インナードライ肌 改善

インナードライ肌を改善方法 洗いすぎない・水分補給・蓋をする

オイリー肌、ドライ肌、混合肌と肌質には幾つか種類がありますが、中でもスキンケア方法が難しいの

記事を読む

40代 たるみ 改善

40代の肌のたるみの原因は?改善方法と化粧品の選び方

女性ならいくつになっても若々しく綺麗なままでいたいですよね。 しかし、現実は同じ40代でも、若く見

記事を読む

40代 女性 肌 悩み

40代女性の肌の悩み解決法!プラセンタの役割と人気ランキングは?

40代に入り、肌の疲れをヒシヒシと感じています。 眠っている間に顔についた枕の跡が、結局1日中

記事を読む

顔の毛穴の開きや角栓づまりに悩んでいます。

28歳、女性、フリーター、ひどい脂肌の人の悩みです。 顔面中の毛穴の開き、角柱づまりにずっ

記事を読む

30代女性 肌 悩み

30代女性の肌悩みとトラブルに対しての30代からのスキンケア。

30代になると、20代のころにはなかったエイジングサインが表れてきます。 以前は気にならなかっ

記事を読む

顔 シミ ほくろ 消す

顔のシミとほくろを消したい!シミは基礎化粧品で改善できる

  33歳、女性、専業主婦で、乾燥肌の方の投稿です。 つい最近、33歳

記事を読む

顔 乾燥肌

顔の乾燥肌でかゆみがある!6つの原因とそれぞれの治し方。

季節の変わり目や、秋や冬場によく見られる肌の乾燥。 乾燥が強くなると、肌の弾力性がなくなり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 【ほうれい線訴求】アヤナストライアルセット
PAGE TOP ↑